カテゴリ:ネタ( 24 )

この前見た夢。

何日か前に見た夢なんだけど。
自分は何かの(おそらくは政治犯的な)理由で囚われの身となっていて、親しい女の友人(なんか芸能人の誰かだったような気がする)も一緒につかまっていた。で、本当は罪に問われるようなことはしていないという自信が二ロともにあったわけだけれど、なんか野蛮な国家になっていて、裁判もなしに死刑になることが決まってしまい、それでもどこかで「正しく調べれば自分たちが死刑になるはずはない」と思っていたのに、なんと夕食前に二人とも死刑執行されることとなり、石積みの円形の部屋に連れてこられてしまって、そして死刑の執行方法は目隠しをされて首を前にだし大きな刀でばっさり首を切る、という方法で、私は目隠しをされながら、考えていたことが「せめて死ぬ直税の最後の瞬間まで自分が何を考えていたのかを認識していたい」とかで。え、首をはねられてそこでいったん意識が途絶えるのだけれど、すぐにどこかの平和な村で子供として野原を駆け回っている、
というそんな夢。で、その野原を駆け回っている子供の自分は死刑になった時の記憶を持っているわけです。

うまく説明できないんだけど、私の意識の中に、「私が死んだとしても、おそらく私と同じ思考の人間がどこかにいて、その人は私の記憶をひきついではいないとしても、私と同じ思考であるとするならばそれは実質的に私だと言ってよいのではないか」みたいな。オカルトというよりも、私という個の意識や記憶がこの世から消えたとしても、別のところに同じ感覚や同じ思考の人がいるのだとしたら、思考それ自体はこの世に引き継がれていく(他の人によって)というようなことを考えているのね。

死んだら自分が無になるとは考えてない。どこかで私の書き残したものを読んで考えに触れてそこから影響をほんの少しでも受ける人がいるとすれば、そこに私の思考が残ると思ってる。そういう意味では死ぬことは怖くない。

それを自分が知れないことと、あと、これからは新しい経験をすることがないのだという意味において、死はさみしいけれど。

[PR]
by quix-que | 2018-02-14 18:30 | ネタ

妄想。

地下鉄サリン事件を知らない人ももう大学生になっているんだなあ。と思いつつ。

あのころ私たちは、オウム(を含むカルト宗教)に入信する若者について、いろいろな話をした。
人は閉塞状況を打開するためならば、たとえそれが悪い方向に向かうものであることがわかっていたとしても、変化することを望むこともあるのだと、少なくない人が語っていた。

「終わらない日常」なんて言葉もあったっけ。

あれから何が変わったのだろうか。

今や、終わらない日常でさえ、贅沢なものとなりつつある。一歩後ろに下がれば堕ちるしかない崖っぷちに立たされる人も少なくなく、閉塞していればまだマシな方なのかもしれない。

そんな中で、まだマシな閉塞状況の人たちが、ヘイトスピーチに走っているのではないか、というのが私の今回の妄想。

「ネトウヨは底辺」っていう決めつけにはネトウヨ側からの反論も出されているけれど、それには一理あるとも思う。多分、まだマシな閉塞状況の人が、それより上の恵まれた逃げ切り組に対する反発心から、閉塞状況の打破のために、近隣国家との緊張関係を望んでいるんじゃないだろうか、みたいな。

自分の国が褒められればうれしいし、くさされれば悔しい。それはどこの国だって同じでしょう。
でもヘイトスピーチにいそしんでおられる方々は、他の国のことは考えない。他の国をdisって自分の国を持ち上げれば、周りもそう考えてくれるべきである、みたいな、みっともないブヨブヨの自己肥大を抱えていられる余裕があるのは、まだそこには終わらない日常があるのではないでしょうかね。

いや妄想だけどさ。
[PR]
by quix-que | 2014-02-13 10:35 | ネタ

時代についていけてない。

<小6転落死>校舎屋上の採光窓突き破り1階に 東京・杉並 [ 06月18日 21時01分 ]
このニュースをテレビで見たというか聞いたとき(食事の支度中だったので)、一番違和感があったのは、「なんで算数の授業で屋上に?」ってことだったのだけど、一部納得。しかし、歩幅測るんならば廊下でもできるような気がする。なんでわざわざ、普段は立ち入り禁止の屋上へ行ったのだろうか。

次。屋上が普段は立ち入り禁止になっているということ。そういえば自分の卒業した高校は、美術室が最上階にあって天窓があったけど、屋上側にはちゃんと窓の上に人が乗らないような形になっていたような記憶がある。屋上って、町の風景が一望できたりするから、小学校ならばいろんな意味で「屋上へ上がって周りを見る」ってことがあってもいいというかあるべき、だと思う。

もひとつ。算数担当の女性教諭、ってこと。今は小学校の算数も専任の先生がいるのか。自分のころは、音楽と図工だけだったけどな、専任の先生がいたのは。家庭科でさえ担任が授業をやっていたし。

で、さて。最大のびっくりは、杉並区なのに全校生徒が400人以下だってこと。自分が出た小学校(ちなみに、今はもうない)も全校生徒はそのぐらいだったけど、それは「千代田区」っていう人口の少ない土地だったからで、当時は杉並だの世田谷だのの小学校は私立ならばともかく公立ならば1学年6クラスとか8クラスとかいう学校も普通にあった、という記憶があるので。いやー本当に少子化って深刻なんだなー。

実は、子供の数が減ったから昔の大きな校舎は不要&耐震性の問題もあってあたらしい校舎に建て替え→どうせならば見栄えのいい子供達が喜ぶ、オシャレで近代的な校舎を→自然光を取り入れたり、大きな吹き抜けを作ったり→今回の事故、みたいな繋がりなんじゃないのかな。(そういえば通っていた高校はまさにそんな感じで、吹き抜けに渡り廊下とか、スキップフロアとか、無駄にオサレだたt)


--2008/6/24追記--
上でもちらっと書いたけど、特に小学校では、「屋上にあがって周りの町の姿を上から見る」ってものすごく大事なことのような気がする。いまどきは高僧マンションも少なくないし、そういう意味では「高いところから町を俯瞰する」機会自体は少なくないのかもしれないが、それでもやっぱり、学校の屋上から見るってことには格別の意味があると思う。吹き抜けだの天窓だのやたらオシャレな校舎にして屋上立ち入り禁止って、やっぱりどこか間違ってると思うよ、ホントに。
[PR]
by quix-que | 2008-06-19 08:39 | ネタ

どっちかというと戦隊モノというよりは

戦隊モノのノリな海自プロモビデオ、陸自や空自も腰を抜かす | Excite エキサイト

どっちかというと戦隊モノというよりは、そのパロディであるアミノサプリCMのさらにパロディって感じだけどね。

なんか話によると、海自って陸自や空自に比べて志願者が少ないというか人気がない、とかいうのだけど、なんかそれってにわかに信じられないんですが。
だって制服一番かっこいいし(まあどこの国でも海軍の制服がだいたい一番かっこいいのだが)、毎週金曜日にはカレーが食べられるし。
海に出たら世俗から切り離されるのがやっぱ不人気の原因なんだろうか。
[PR]
by quix-que | 2007-04-12 13:46 | ネタ

地理的知識と○○との相関関係

 個人的には、地理的というか地勢学的知識って、かなりその人の知的好奇心と比例してると思ったりする。
 よくアメリカ人を揶揄した言葉に「地理的な知識がまるでない」というのがあるけど、でもまあ、日本人だってあんまり他国のことを言えないというか、四国4県の名前と県庁所在地を全部漢字で書ける人っておそらく5割よりはだいぶ低い数字になるんじゃないかと思う。
 けど、ちょっとこれはどうなのよ。一応はモノカキでお金もらってるであろう人がこれでいいのかよっって話。
日本を訪れた外国人で少ない国籍ベスト3! | Excite エキサイト : ニュース
「赤道ギニア」「コモロ」「バチカン」「ギニアビザウ」「サントメ・プリンシペ」「コンゴ」「セントクリストファー」「ソマリア」と来て、「それにしても、ほとんど名前を聞いたことがないのは筆者だけでしょうか。」と結ばれているわけだけど。
ほとんど、ってことは、聞いたことのない国名が少なくともこの中で半分より多いってことだよね。
「サントメ・プリンシペ」「ギニアビサウ」以外は、普通名前くらいは1度や2度は聞いたことがあるんじゃないかと。仮にもジャーナリズムの片隅で仕事をしているんだったら、ソマリア知らないのはかなり恥だと思った方がいいと思うし、セントクリストファーも雑学ネタ(オリンピックに最小の選手団で出場するとか)で頻出する国名だし、(ギニアビサウはともかく)「赤道ギニア」とか「コンゴ」はアフリカにある国としてはかなり知られてる方だし。
 なんかね、自分の無知をネタにしつつ、「でも別にそれって無知じゃないよね。知らないのが当たり前だよね」みたいな誘い受けは見苦しいっつーの。
[PR]
by quix-que | 2006-05-07 13:50 | ネタ

情操教育というもの

<アザラシ>徳島・那賀川に出現!災害復旧工事も中断 | Excite エキサイト : ニュース
いやもう、このテのニュースがテレビで出るたびにお馴染みの光景となってしまった、小さい子供たちの見物人が一斉に「○○ちゃ〜〜ん」と呼び掛ける姿であるが。
(今回の場合は「ナカちゃ〜〜ん」か)
あれ、いい加減にやめない?というか即刻ヤメレ。
一体全体どんな反応を期待してるんだよ。タマちゃんの時に学ばなかったのか?

多分ね、ガキんちょどもにしてみれば、保育士だか幼稚園教諭だか親だかが動物園に行ったときに
「ほら、キリンさんだよ。声かけてみようか。『キリンさ〜ん』 ほーらこっち向いた」
みたいなことをいつもやらせてるそのノリなんだろうけど。でもそもそも、動物園の動物に大きな声で呼び掛けるっていうのは推奨されてることなのか?

だってさ、そもそも野生生物に勝手に名前をつけることからしてどうかと思うけど、野生生物にとって、人間というものがどういう存在なのか、ちょっと考えてみようよ。自分の生存を脅かしかねない、敵というか脅威でしかないんだよ。それが何匹もひとところに固まって自分の方を見て、一斉に大きな声を出している。
これが威嚇でなくてナンであろうか。

「ここは君のいるべき場所じゃないから、早くもとの住処に帰れ」という追い払う意図でやってるのならばまだしも(でも絶対違う)、もしかしたらあれ、テレビ局の取材クルーがやらせているのかもしれないが、だとしたら最低。

ホント、咲いてる花を勝手に摘んだらいけないと教えるついでに、野生生物に出会っても大声出さないと教えるべきじゃないのかね。どうもあの「○○ちゃ〜〜ん」を見るたびに胸くそ悪い。
[PR]
by quix-que | 2005-11-06 10:10 | ネタ

これは「のまネコ」とは関係ありません。

b0045451_833583.jpgとりあえずこんなのを作ってみた。造形がシンプルなんで作業時間は結構短い。
年賀状に使いたい方(いるのか?)はコメントつけて下さい。
[PR]
by quix-que | 2005-10-15 08:05 | ネタ

自分はヲタじゃないっ。たまたま知ってただけだっ。

電車のOPがDAICONだ! | Excite エキサイト : ニュース
つーわけでこっちにも書いちゃう。
 「電車男」のタイトルバックのアニメ、なんか既視感ありまくりで何日か考えていたのですが、夕べ思い出しました。あれはDAICON4オープニングアニメのパクリですね。
 まあ、DAICONフィルムなんて知ってる人の方が少ないだろうから、わかる人だけを陰でこっそりニヤリとさせようみたいな狙いなのだろうか、とは思うけど。
 ちなみに私が見たのは、「帰ってきたウルトラマン」と、「愛国戦隊大日本」と「怪傑のーてんき」がセットになってたやつ。某香貫花さん家ではこれ見るの定番だったっけ。あと、姉の家へ言ったら姉旦那が「面白いのがあるんだけど」って見せてくれたこともあったっけ。
[PR]
by quix-que | 2005-07-10 19:22 | ネタ

ヒトゴトながら気になっていること。

佐々木蔵之助って、実家が造り酒屋なのに発泡酒のCMに出てますが、ある意味親不孝だよな。
[PR]
by quix-que | 2005-02-28 14:59 | ネタ

いわゆるひとつの「バカニュース」ってやつですね。

露骨な雪像に撤去命令下る=米国/livedoor news
 雪像とか砂像とかでバカバカしいものを巨大につくる、というのに、なぜかとてもロマンを感じてしまうというのが、私の感性のちょっとおかしなところだと思う。こういうニュース、大好きです。どうせなら画像入りで見たいものですが、それはダメでしょうね、やっぱり。
 かといって自分でつくるのはさすがに⋯⋯ですねえ。せいぜいがこんなものを自宅で作ってみたりする程度(それもさすがに家族に見せられないのでこっそりしまってある)。
[PR]
by quix-que | 2005-02-12 21:38 | ネタ


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(14)
(11)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索