タグ:教育 ( 5 ) タグの人気記事

京都大学入試問題投稿問題などにかんすること。

もうあらかた意見って出尽くしているけど。でもって、私自身も、ツイッターだのはてぶだので100回くらい同じことを言い続けているので多分だらだら書くことになるけど。

この件を「偽計業務妨害を調べてみたらカンニングだった」的な理由づけをして「逮捕は正しい」とする意見というのが一方にどんとあって、(東大の玉井教授とか)

もう一方には「あくまでも大学入試における不正行為であり、大学自治の範囲内で処分すべきこと」という意見がある。(慶應の中村教授とか)

で私は後者なわけ。
っていうか、これもツイッターでは言ったことだけど、

たとえば入試問題を入手した手段が不正なもの、横領とか窃盗とかであったのならば、もちろんそれは罪に問えるよね。
または、試験開始前に漏洩・公開しちゃったら、それは多分間違いなく業務妨害になるだろうと思う。

だけど、このケースでは試験問題は受験生として、正当に入手したもの(入手という言い方が正しいのかどうかはわからないけど、少なくとも問題の内容を知り得る正当な権利を有する立場とはいえる)。

それと(これはテレビで何度も見たけど)中学入試なんかでは試験問題を試験開始と同時に塾の先生が入手して試験終了までに模範解答を作成する、なんて普通にやっていること(でもって先生が問題を時間内に解けないとかいう笑い話になったりもしていた)。つまり試験が開始してしまえば試験問題が受験者以外に公開されることが業務妨害であるといえる可能性はほぼないといっていいんじゃないだろうか。

となると問題になってくるのは、入試問題の公開じゃなくて、合格者判定にかかわる部分に対する影響になってくるわけなんだけど。その部分は(不正行為の有無の検査を含めて)入試の本来業務それ自体。
それを考えると、やっぱりこれは、あくまでも大学入試のルール破り、でしかないと思う。

それでも、「いやしかし、発覚の時点では、組織犯罪の可能性も内部犯行の可能性もあったのだから逮捕は正当」という人もいる(私もいわれた)。

でもそれおかしいでしょ。逮捕状が出た、というか逮捕状が請求された時点では、受験生の、単独行為であったことはわかっていたわけで、つまり組織犯罪の可能性も内部犯行の可能性もその時点では消えていたわけで。つまり、逮捕状が出た時点では、「単なるカンニングであったことはほぼ確定」していたわけで。そして、単なるカンニングであるのならば、大学側は入学に関する合否判定を適正に行えば「不正によって受けていたかもしれない損害」は回復可能なわけで。

で、そもそも逮捕って、逃亡や証拠隠滅のおそれのある場合以外にはしないのが原則だったりするんじゃなかったっけ?この受験生は一時行方不明になっていたとかのことなので、それが逃亡と判断されたのかもしれないけど、にしても、身柄を拘束しなければならないほどの重大犯罪なのか(そもそも犯罪なのか?)を考えると、やっぱり逮捕には正当性はないと思うわけですよ。

大学入試のルール違反に対しては、大学入試のルールにおける処分、つまり失格、それで不十分だというのならば今後何年か同じ大学を受験できない、とすれば十分ではないのか、と。
(これは多分、何年か前の韓国での入試カンニングで逮捕者が出たときにも言ったと思うけど)

で、ここからはヨタ。(まあ全体が戯言っちゃー戯言だが)

そもそも、大学入試ってそんなに厳密に公正なものなのか、ということからして私にはギモンだったりする。じゃあAOとか推薦とか、内申書にゲタはかせるとかそういうのはどうなのさ、みたいな。これは都市伝説かもしれないけど、マンモス大学だと時々試験当日に欠席したにもかかわらず合格する人がいるとかいうし。

だから入試に対して、過剰に厳密な公正さを求めている人は、AO入試とか推薦とかにも反対すべきだと思う。でないと筋が通らない。

私は厳密な公正さなんてないと最初から思っているので、そんな主張はしませんけどね。
[PR]
by quix-que | 2011-03-08 15:41 | どっちかというと外の話

「いたせりつくせり」なんて日本語はありません。

話題のケーキのクレーンゲームに挑戦してきた | エキサイトニュース
前々から思っていたが、エキサイトビットを書いてる人の日本語レベルってどうなのよ、というオハナシでした。

内容についてはどうでもいい。こういうどうでもいい内容をチョイスしちゃうセンスも、ちょっとどうなのよ、と思わなくはないが。
[PR]
by quix-que | 2008-08-10 05:06 | もの申したいこと

他人事ではない。

<秋葉原殺傷>トラック「四十数キロで突入」…容疑者供述 [ 06月18日 02時30分 ]

便宜上ここにぶらさげますが、本文とはあまり関係なく、秋葉原の事件全般について。

事件に関しては既に沢山の意見だの見解だの解釈だのがあって、それらに付け加えるようなことは今さら特にないと思っていたのだけど。前々から凶悪事件のたびに卒業文集だの作文だのを持ち出す馬鹿らしさについては繰り返し書いてきたしね。

でも、いっこだけ。

この事件に関する某ワイドショーでの、主婦から寄せられたFAXの内容、というのが、個人的には超ビックリだった。でもって、自分がずっと疑問に思ってきたいくつかのことがなんとなく合点がいった、というか。

主婦のFAX の内容は、「子供の作文や絵を親が書く/描くのはあたりまえ。そうしないと子供はいい成績がとれず、学校で落ちこぼれになる」というもの。もちろん、加藤容疑者とみられる掲示板の書込みにあった「親が書いた作文でいい成績をとった」云々の記述に対して寄せられた意見。ちなみにこの主婦はそう書いたあとに、「それが子供にとってよくないことなのかもしれないと反省した」とは書いてあったんだけど、

これ、本当にこの通りに「あたりまえ」のことなんだとしたら、ものすごーく由々しき問題ではないだろうか、と思った。算数の宿題を親が手伝う、というのとは話が違うもん。
自分はたまたま子供のころから作文が得意だったり、絵も全国展で入賞したり、という人だったのだけど、それは勉強ができること(中学までは上位レベルだった)よりもよほど、自分にとっては自信につながっていた(今でこそ「絵を描くのは好きだけど絵心がない」ということを自覚して凹んだりしているけど)。

自分が書いたのではない作文で自分が褒められること、もしかすると最初は単純に、
「褒められたこと」自体が嬉しくてそれが自分の書いたものではないことはどうでもいいと思うのかもしれない。人によっては、褒められたことで自信がついて、本当に作文が好きになったり得意になったりしていくのかもしれない。だけど、作文を書くということから切り離されて、褒められたことによる過大な自己評価と万能感だけを増大させてしまうとしたら。

もちろんその過大評価も万能感も、当人に対する客観的評価とは食い違うわけで、そこで気が付いて自分を客観的に見られるようになればいいけれど、少なくない人間が「他人が自分を低く評価するのは不当である」と思って社会に対する不満を募らせたりするとか、もっと追い詰められた状態になってから実は自分に自信を与えていたものが自分自身のものではなくて親が作った虚構であったことに気が付いて親を恨んだりとか、そういう他罰的な方向へと向かってしまうのではないだろうか。

書いてみるとわざわざ書くほどでもないありきたりのことになってしまったような気がする。
[PR]
by quix-que | 2008-06-19 09:18 | どっちかというと外の話

時代についていけてない。

<小6転落死>校舎屋上の採光窓突き破り1階に 東京・杉並 [ 06月18日 21時01分 ]
このニュースをテレビで見たというか聞いたとき(食事の支度中だったので)、一番違和感があったのは、「なんで算数の授業で屋上に?」ってことだったのだけど、一部納得。しかし、歩幅測るんならば廊下でもできるような気がする。なんでわざわざ、普段は立ち入り禁止の屋上へ行ったのだろうか。

次。屋上が普段は立ち入り禁止になっているということ。そういえば自分の卒業した高校は、美術室が最上階にあって天窓があったけど、屋上側にはちゃんと窓の上に人が乗らないような形になっていたような記憶がある。屋上って、町の風景が一望できたりするから、小学校ならばいろんな意味で「屋上へ上がって周りを見る」ってことがあってもいいというかあるべき、だと思う。

もひとつ。算数担当の女性教諭、ってこと。今は小学校の算数も専任の先生がいるのか。自分のころは、音楽と図工だけだったけどな、専任の先生がいたのは。家庭科でさえ担任が授業をやっていたし。

で、さて。最大のびっくりは、杉並区なのに全校生徒が400人以下だってこと。自分が出た小学校(ちなみに、今はもうない)も全校生徒はそのぐらいだったけど、それは「千代田区」っていう人口の少ない土地だったからで、当時は杉並だの世田谷だのの小学校は私立ならばともかく公立ならば1学年6クラスとか8クラスとかいう学校も普通にあった、という記憶があるので。いやー本当に少子化って深刻なんだなー。

実は、子供の数が減ったから昔の大きな校舎は不要&耐震性の問題もあってあたらしい校舎に建て替え→どうせならば見栄えのいい子供達が喜ぶ、オシャレで近代的な校舎を→自然光を取り入れたり、大きな吹き抜けを作ったり→今回の事故、みたいな繋がりなんじゃないのかな。(そういえば通っていた高校はまさにそんな感じで、吹き抜けに渡り廊下とか、スキップフロアとか、無駄にオサレだたt)


--2008/6/24追記--
上でもちらっと書いたけど、特に小学校では、「屋上にあがって周りの町の姿を上から見る」ってものすごく大事なことのような気がする。いまどきは高僧マンションも少なくないし、そういう意味では「高いところから町を俯瞰する」機会自体は少なくないのかもしれないが、それでもやっぱり、学校の屋上から見るってことには格別の意味があると思う。吹き抜けだの天窓だのやたらオシャレな校舎にして屋上立ち入り禁止って、やっぱりどこか間違ってると思うよ、ホントに。
[PR]
by quix-que | 2008-06-19 08:39 | ネタ

NO-GOという概念。

<ハクチョウ7羽死>男子中学生2人「ゲーム感覚で殴った」 [ 05月04日 00時07分 ]

というわけで、アンサイクロペディアに書くネタがみつからないのでブロクに逃避します。ひさしぶりに真面目に書こうと思って(つか、「オンカホウよりコキントウでしょ、というツッコミがなかったのがちょっと寂しかったので)、今日は参考文献まで用意してマジメに書きます。参考文献は『バカはなおせる』久保田競/著 ISBN4-7561-4705-4 C0040です。本屋で手に取るのを思いきり躊躇しそうなタイトルですが、まあそれはおいといて。

この本の三章に、NO-GOについて書いてあります。NO-GOとは「積極的になにかをしないこと」なのですが、これじゃ意味がよくわからないかもしれないので、説明のために補足すると、本に載っていた具体例は「赤信号を見て足を止める」というものですが、個人的には「赤上げて、白上げて」みたいな旗上げゲームで「白上げない」っていう時の「上げない」が例としてわかりやすいのではないかと。
この「理性的に判断して行動を抑制する」という場合には、脳の第八野という部分が働くのだそうですが、この能力は鍛えないと育たず衰える、のだそうです。
旗上げゲームで間違えるのって、ほとんどが「上げない」なのに上げてしまう、又は「下げない」なのに下げてしまうケースで、その逆、つまり「上げる」なのに上げないとか「下げる」なのに下げないという間違いはあんまりない、というのは、やったことのある人になら実感としてわかってもらえるんじゃないかと思うのですが、それもこのNO-GOが「訓練しないと身につかない」ということのひとつの現れではないだろうか、とこれは本に書いて有ったわけじゃなくて私の勝手な憶測(でも多分外れてないと思う)。

長くなるけどちょっと引用しますね。(p84-87)
実はこの八野を使ったNO-GO行動は、赤ちゃんでもできます。
しかし、現代では、乳幼児の頃からしておくべき「積極的になにかをしない」という教育が、明らかに欠けています。
それが、ニート、引きこもり、キレやすい人などが現代社会で増えている原因のひとつではないか、とわたしは考えます。こらえしょうがなく、道ばたに座ってモノを食べ、ゴミをその場に置き去りにするような若者が増えたのを、「ゲーム脳のせい」などと言う方もいますが、そうではなく、NO-GOの訓練不足が原因だろうとわたしは思うのです。
従来の個性を尊重する教育というのは、「やりたいことを見つけて何でもやりなさい。そして、その能力を高めなさい」というものです。最近では、そうしたことが声高に叫ばれるいっぽうで、「何かをしないのは、偉い」とは子供にあまり言わなくなりました。これがよくない。
「何々をしてはいけません」と叱るのは子供のストレスになるので、脳にはあまり良くありませんが、何かをしなかったら「ほめる」のならばいいのです。「しない」ことに達成感と喜びを伴わせましょう。すると、“しない”ことができるようになります。
(中略)
従来は、「前頭前野は、計画したり行動を起こしたりする場所」という方向性で研究が進んでおり、みなそういうものだと思っていました。ですから、脳を鍛える訓練も、そういうGOの方向性のものにかたよっていたのです。
ですので、我慢したら「ほめられる」という訓練は、昔からあまり実践されていません。そういう訓練を子供時代から積んでいれば、キレやすい人も少なくなり、我慢強い人が増えてニートの人や引きこもりの人も減るのでは、と思うのですが……。
長々と引用したのは、自分が最近の犯罪や事件の(自分からはどう考えても「ありえないほど短絡的」にしか思えない)動機について考えた場合に、一番納得できる説明がコレだったから、です。

私自身、NO-GOという概念(というか「事象に付けられた名前」)をこの本で初めて知ったわけですが、おそらく多くの人が「我慢」という言葉やその意味は知っていても、「積極的になにかをしない」という事象については、それを現す言葉もないし、あまり意識にのぼったこともないと思うのです(「不作為」も「我慢」も、「なにかをしない」ことではありますが、「積極的」という意味はあまりない)。そのこと自体が、脳の持つNO-GOの機能をおろそかにし、衰えさせているのではないだろうか、と、そんなことを考えたわけです。

で、前置きがものすごく長くなりましたが、ここで冒頭のニュース。
「ゲーム感覚」っていう例のマジックワードが出てくるわけです。これで例によって「ゲームと現実の区別がつかなくなっている」とか「リセットすれば生命も元どおりになると思っている」とかいうたぐいの「最近の若者批判」が出てくるのでしょうが、いいかげんにそこばっかり槍玉にあげるのやめましょうよ。
チューリップだのボタンだのをぶち折ってる連中もそうだけど(こっちはどうももう少し年長の人間のようだ)行動を起こすにあたって抑制のタガがかなーり緩んでいるというか、自分の衝動(感情)を行動に移す前に他への影響について考えるとかそういう理性的な判断をほとんど経ていない(いたとしても行動を抑制するまでに至っていない)ということろが問題なんだと思う(ゲームではむしろそこでは理性的な判断が要求されることが多い、というのが、実はこの本の中でも指摘されていたりするのです)。

何年か前にあったディルレバンガー事件の時、犯人の親は「猫くらい」みたいなことを言ったわけだけど、どうも今回の事件も似たような匂いがプンプンするんです。単なる情動だだ漏れ状態を「個性の発露」みたいにほめられて成長してきたことが、こういう脳の機能不全を増やしているんだろうな、と。

(もの言わぬ/抵抗できない動植物を殺めるという行為についての、共感力の不足とかそういう観点はあえて排除しました)
[PR]
by quix-que | 2008-05-04 11:04 | もの申したいこと


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索