タグ:エッセイ的なもの ( 10 ) タグの人気記事

「夫のちんぽが入らない」についての感想など。

話題になっていた本、それも結構絶賛の嵐なので、読んでみました。
で、感想ですが。

とりあえず面白く読めたんだと思うんですよ。あっという間に読み終えてしまったし。

なんですが、読後感がものすごくモヤモヤしている。

私小説というかノンフィクション的なエッセイ的なものなのでしょうが、これが全部事実であると想定して。

筆者は、自分のことをものすごくダメな人だと思っているわけです。最終的には、不満がないわけではないがある程度幸せであるというところで自分を肯定しているようなのですが。

なんだけど、そもそもこの人、自分のことをダメな人だと思っているにもかかわらず、想う相手から想われてその相手と結婚してるわけですよ。結婚生活が順風満帆ではないにしても、とにかく「想い想われる相手、自分の良さを理解してくれる相手と、家庭を作る」ということができているわけです。

それって、自分にはどんなに望んでも手に入れることができず、今後も絶対に手が届かないもの。

彼女が彼女自身のことをダメな人間であると書けば書くほど、そのダメな人である彼女にさえ得られた幸せがえ、自分には到底手がとどかないものであることについて、傷口にサンドペーパーをかけられるような痛みにさいなまれるのです。

多分だけどそれは、この本が悪いのではなくて、私の側の問題であるのだけれど。

多分だけど二度と読み返すことはできないと思います。そのくらい、私個人にとっては、「辛い本」でした。



[PR]
by quix-que | 2017-01-23 13:53 | 雑BOX

愛しさと切なさと糸井重里

というわけで、糸井重里氏の例のあれについてのお話。
私は昨日、以下のようなTweetをしました。

@phoquesan: 私も何度でも書きますが、この糸井さんの基準は、今まさに踏みにじられつつあるマイノリティの抗議に対して厳しすぎるというか、もっと言えば踏みにじっている側を利するものとなりうるというかなっていることに無自覚だと思う。故に賛同できない。 http://t.co/Boi7lP2php

正直に言えば、糸井さんがこれを言った文脈に限定するならば、私の意見は糸井さんとそれほど異なるわけではないのです。福一の事故における放射能汚染の被害をないことないことヒステリックに言い募る側に与したいとは微塵も思わないし。
(病気抱えてるから普通の人より頻繁にX線撮影とかCTとか撮ってるので、多分被曝量もかなり多い方だと思うけど、鼻血出たことなんてありませんよ。ヘパリンとか使ってるので普通より出血しやすかったり血が止まりにくかったりするはずなのですが)

でも、それを、こういう形で規範として一般化(そういう意図は糸井さんにはないのかも、というか、糸井さん自身はあくまでも個人的な規範として語っているだけだろうとは思うけれど、糸井重里という人のネームバリューというか影響力を考えた場合、一般化された規範と受け取る人は少なからずいると思う)されてしまうと、それを問題なしとはできない、というか、良きものとして受け入れられてしまうことにとても危惧を感じるのです。

広く受け入れられている物事に対して異議を唱えるのは、それだけで勇気と覚悟が必要です。特に日本のような、同質・均質であることが重視される空気においては。それでも異を唱えずにはいられない時、行動を起こすことだけで一杯一杯で、感情的にならずに淡々と事実を積み重ねて説得したり、多くの人に受け入れられるようなスマートな手法を用いたり、ユーモアを交えて語りかけたり、という余力があるとは限らないのです。正義や正論が自分の側にあることを拠り所にしなければならないこともあるかもしれません。特にそれが、切羽詰まった問題に直面していて、追い詰められている場合には。

もちろん、罵倒や誹謗や中傷までをも容認すべき、と言っているのではありません(わたしの敬愛する故・猫が好き♪氏は「テロかテロであるというだけで必ずしも悪であるとは言えない」とかつて語っていましたが、流石に私はそこまでは言えない)。しかし、今現に追い詰められている人の抗議の声を、それが例えば、穏やかな或いはスマートな、受け入れられやすい形のものではないからと言ってはねつけてしまっても良いものなのでしょうか。糸井さんの判断基準を適用すると、そうなってしまうのですが、本当にそれで良いのか、というのが、私の言いたかったことです。

多分こんなにくどくど言わなくても、わかる人にはわかってもらえてる、と思います。200をこえたRTの全部が賛同ではないでしょうが、何割かの人には伝わったかな、と。

だけど中にはやっぱり、「多くの人の賛同を得られるような手法を取らなければダメ」という意見の人も少なからずいらっしゃるわけで。


それに対して私が考えたのは、こんなことです。流石にこれをTweetしたら罵倒されそうで怖くてかけませんでしたが。

「もっと世間に受け入れられやすい方法で主張したら」≒「俺の気にいるような方法で主張しない限りお前の主張になんぞ耳を貸す気は無い」的なね。まあこれは極論ではあるにせよ。

窮鼠が猫を噛もうとした時に、「ネズミくん、君のそのやり方じゃ誰も君の味方はしないよ。もっとみんなが君の味方をしたくなるように愛らしく、ユーモラスにやれないかい?」…ああダメだ例え話が下手すぎる。

でも、スマートな手法だのユーモアを交えた主張方法だのというのは、ある程度余裕のある、つまり強者の道具なのだ(もちろん弱者にもそれらを持つ人はいないわけではないけれども)ということは、意識の片隅にとどめておかないといけない、と思っています。
[PR]
by quix-que | 2014-05-15 14:48

「赤ちゃんポスト」という呼称について。

これもうずいぶん前から何回も言い続けているので、私と親しい人には耳にタコかもしれないけど。

いわゆる「赤ちゃんポスト」と呼ばれるものについて。

すくなくとも日本国内では、そういう呼称で呼ばれるものは、ただひとつしかないわけですよ。
そしてそれには、「こうのとりのゆりかご」という正式な名前が付けられている。
この名前は、ポストという「お手軽に投函する」イメージからくる、安易な子捨てであるとか、いらない子供であるとかの印象を避けるための配慮がされている、と誰でも思うはずです。

にもかかわらず、毎度毎度、これに関連する話題がマスコミに出るときは、あたかも一般名詞であるかのように「赤ちゃんポスト」という呼称がまず使われ、申し訳程度に正式名称の「こうのとりのゆりかご」に言及されることがある(されないこともある)。

これ、おかしくないですか?

ただひとつ、それしかないものであり、類似のものがなく、正式な固有名詞が存在するものを、わざわざ通称(それもいささか揶揄的な)をあたかも一般的な呼称であるかのように使うのはいかながものなのでしょう。

野島伸司に今更なにかを期待しているわけではないのだけど、例のドラマに言及するのに、こうのとりのゆりかごがある病院について、「赤ちゃんポストを設置している病院」という表現を何度かみかけて、いやだからそうじゃないし(いらいらいらいら)となっているのです。

この気持ちをわかってもられるでしょうか。
[PR]
by quix-que | 2014-01-22 16:49 | テレビっ子

センチメンタル

ずいぶんと長い間、その人の名前を思い浮かべるだけで涙が出てくるというくらいに想っていた人がいて、で、全然縁がなくなってしまってから20年くらいの時間が流れて、去年ふとfacebookで再開したわけなのですが。

もともとマッチョな考え方の部分が見え隠れする人ではあったのだけど、その縁がなくなっていた長い長い間に、私の中での彼の人間像は美化されていて、そして現実の彼はマッチョな部分が大きくなっていったようだった。(なんかいわゆる九州男児の悪い面みたいなのが典型的に出ているというか)
まあ彼も家庭を持って、昔と同じではないのはわかるのだけれど。というか、昔の私が彼をどのくらい知っていたのかもこうなってくると疑問なんだけど。

某テレビでの竹田某の発言に対する抗議の文章をシェアしたところ、そこについた彼のコメントが、なんというかすごく読んでいてつらくなった。

在日が抗議活動を起こすのは藪蛇になっていろいろ暴かれ、静かに日本に同化している在日にとっては迷惑なものだろうとか、在日が嫌われるのは朝鮮民族だからではなく云々とjか。

あたしはミョンス先生についてもそのマッチョさに多少の嫌悪感を覚える部分があって現在はツイッターではフォローしていないのだけど、それでも先日の朝日新聞に載ったミョンス先生の同調圧力として現れる差別についてはものすごく深くうなずいたものでした。

その後だっただけに、「権利を主張する在日」と「地域に溶け込んでいる在日」という対立構図を描き、前者を後者に対して迷惑なものとして扱うあの人の考えに、なんかもう埋められない深い溝を感じてしまったのでした。

とまあ、いい歳して昔の片思いの相手について愚痴ってみました。

More
[PR]
by quix-que | 2013-10-28 16:26

前の仕事を辞めたわけ

前の仕事を辞めた理由、まあいろいろあるのですが。
とりあえず、一番大きいのは、メンタル的にプレッシャーがキツくて仕事いけなくなった、というのがあるのですが、そこに至るまでにいろいろあったわけで。

まず、あたしが契約社員として入社した半月後に、同じく障碍者雇用で入社した契約社員がいたわけですね。
年齢は私よりずっと下。彼は視覚障碍者で、マッサージの資格を持っています。
で、彼の仕事は社員の福利厚生というか、マッサージを希望する人に施術して、あとは健康だよりみたいなエッセイをイントラに載せるとか、そういう感じなわけです。マッサージは、多くても週に5人くらい、それ以外の時間は、個室で一人で音楽きいたりしてるわけですよ。

かたやあたしは、人事関係の事務の細かいこと、たとえば異動通知を出したりとか、組織図を改訂したりとか、ウェブで勤怠報告をするシステムの入力もれチェックとか、健康診断の請求書を処理して健保組合に補助金を申請したりとか、会社補助の英会話学校とか通信教育とかの、申し込み手続きのとりまとめとか補助金の申請を処理したりとか、住所変更や扶養家族の変更、通勤費の変更などの届けの処理、そのほかに、人事データベースの管理運用とか(というか古いバージョンのファイルメーカー使ってたからそれを新しいバージョンにするついでにデータベースを見直して設計したりとか)とかやってたわけです。そのほかにも、単発でポスター作ったりとか、税務署に提出する資料作ったりとか。

で、あたしの時給は、前述の彼の7割位なんですよ。ありえないでしょ?

安い給料でなんでもやれる(辞めるころにはエクセルにもパワポにも部署内で一番詳しくなっていたし)、というわけで便利につかわれていた上に、業務フローの洗い出しと改善提案なんてものまで私にまわってきたんですよ。

これって、時給1360円くらい、賞与退職金なし、でやっていい仕事じゃないでしょ。

直属の上司であるところのマネージャーは、「○○さんも、ただ給料のために与えられた仕事をこなすだけじゃつまらないでしょ?うちの会社はフラットだから、契約社員だからとかそういう区別はなしに、どんどん仕事まかせたいと思うんだ」とか言っていたわけですが、いや正直、そんな給料もらってませんから。まかされるのならば給料出すとか身分保障(正社員とかね)するとか、そういうのなしに、仕事だけ増やされて責任だけ重くなるとか、ありえないでしょう。

たぶん仕事やめたくなった最大の理由は、そこらへん。あたしの仕事をあたしのレベルでやる人を雇おうと思ったら、たぶん時給倍くらい出さないと無理だと思う(という程度には仕事できると自負してる)。安い時給でも一生懸命やったら認められる(時給上がるとか正社員登用とか)かと思ってやってきたけど、全然そんな気配もない(業界的に日本支社はいつなくなってもおかしくない状況だし)。

まあ、その昔時給800円でDTPにリライトに校正にカバーデザインにチラシ作製にサイト管理までやってたのと比べるとまだマシなのかもしれないけど(その時はかれこれ5年くらい1円も時給があがらなかった)、あのときは週3回で自分の好きな時だけ仕事してるような感じだったからプレッシャーみたいなのはなかったのよね。
[PR]
by quix-que | 2013-09-26 12:31 | 雑BOX

京都大学入試問題投稿問題などにかんすること。

もうあらかた意見って出尽くしているけど。でもって、私自身も、ツイッターだのはてぶだので100回くらい同じことを言い続けているので多分だらだら書くことになるけど。

この件を「偽計業務妨害を調べてみたらカンニングだった」的な理由づけをして「逮捕は正しい」とする意見というのが一方にどんとあって、(東大の玉井教授とか)

もう一方には「あくまでも大学入試における不正行為であり、大学自治の範囲内で処分すべきこと」という意見がある。(慶應の中村教授とか)

で私は後者なわけ。
っていうか、これもツイッターでは言ったことだけど、

たとえば入試問題を入手した手段が不正なもの、横領とか窃盗とかであったのならば、もちろんそれは罪に問えるよね。
または、試験開始前に漏洩・公開しちゃったら、それは多分間違いなく業務妨害になるだろうと思う。

だけど、このケースでは試験問題は受験生として、正当に入手したもの(入手という言い方が正しいのかどうかはわからないけど、少なくとも問題の内容を知り得る正当な権利を有する立場とはいえる)。

それと(これはテレビで何度も見たけど)中学入試なんかでは試験問題を試験開始と同時に塾の先生が入手して試験終了までに模範解答を作成する、なんて普通にやっていること(でもって先生が問題を時間内に解けないとかいう笑い話になったりもしていた)。つまり試験が開始してしまえば試験問題が受験者以外に公開されることが業務妨害であるといえる可能性はほぼないといっていいんじゃないだろうか。

となると問題になってくるのは、入試問題の公開じゃなくて、合格者判定にかかわる部分に対する影響になってくるわけなんだけど。その部分は(不正行為の有無の検査を含めて)入試の本来業務それ自体。
それを考えると、やっぱりこれは、あくまでも大学入試のルール破り、でしかないと思う。

それでも、「いやしかし、発覚の時点では、組織犯罪の可能性も内部犯行の可能性もあったのだから逮捕は正当」という人もいる(私もいわれた)。

でもそれおかしいでしょ。逮捕状が出た、というか逮捕状が請求された時点では、受験生の、単独行為であったことはわかっていたわけで、つまり組織犯罪の可能性も内部犯行の可能性もその時点では消えていたわけで。つまり、逮捕状が出た時点では、「単なるカンニングであったことはほぼ確定」していたわけで。そして、単なるカンニングであるのならば、大学側は入学に関する合否判定を適正に行えば「不正によって受けていたかもしれない損害」は回復可能なわけで。

で、そもそも逮捕って、逃亡や証拠隠滅のおそれのある場合以外にはしないのが原則だったりするんじゃなかったっけ?この受験生は一時行方不明になっていたとかのことなので、それが逃亡と判断されたのかもしれないけど、にしても、身柄を拘束しなければならないほどの重大犯罪なのか(そもそも犯罪なのか?)を考えると、やっぱり逮捕には正当性はないと思うわけですよ。

大学入試のルール違反に対しては、大学入試のルールにおける処分、つまり失格、それで不十分だというのならば今後何年か同じ大学を受験できない、とすれば十分ではないのか、と。
(これは多分、何年か前の韓国での入試カンニングで逮捕者が出たときにも言ったと思うけど)

で、ここからはヨタ。(まあ全体が戯言っちゃー戯言だが)

そもそも、大学入試ってそんなに厳密に公正なものなのか、ということからして私にはギモンだったりする。じゃあAOとか推薦とか、内申書にゲタはかせるとかそういうのはどうなのさ、みたいな。これは都市伝説かもしれないけど、マンモス大学だと時々試験当日に欠席したにもかかわらず合格する人がいるとかいうし。

だから入試に対して、過剰に厳密な公正さを求めている人は、AO入試とか推薦とかにも反対すべきだと思う。でないと筋が通らない。

私は厳密な公正さなんてないと最初から思っているので、そんな主張はしませんけどね。
[PR]
by quix-que | 2011-03-08 15:41 | どっちかというと外の話

オリーブ

種なしオリーブの種はどうやって抜き取られてる? | エキサイトニュース

いや、実はオリーブは種の周りが一番おいしいので、種なしだと一番おいしい部分を食べられないことになってしまうのよ。

というのはライプオリーブ限定の話なんだろうか。あんまりグリーンは食べないけど、ライプじゃない黒もなんとか食べられるようになって、で、やっぱり種のまわりが一番おいしいと思ったのだわ。

最近ビンボーなんでオリーブぜんぜん食べてないですけどね。
[PR]
by quix-que | 2008-08-02 10:15 | 食べるもの/ことの話

思えば遠くへきたもんだ。

それなりに長い間ネット上での知り合いだった人が、2ちゃんねるに毒されてくるのを何度か見てきた。自分もまったく影響を受けていないとはとてもいえないが。

少なくとも昔はそれなりに(いい意味で)リベラルだった人、それももういい年をした人が、なぜかネットウヨ傾向のあるVIPPERみたいになって、「赤日新聞」だの「特定アジア」だのの単語を平然と使っているのを見ると、なんだかなぁ、と思う。そういう理由でマイミクを一人削除してアクセス拒否にしたし、いままた別の一人をそうしなければならないかもしれないと思っている。
ってか、「リベラル」って単語に「いい意味で」というエクスキューズをつけなければならない時点で、なんかもう世の中オワットルって感じがする。リベラルが他人をけなす言葉として成り立つのはアメリカの保守層の中でだけにしてほしい。

よく2ちゃんねるの悪影響をいろいろ言う人がいるけど、一番大きいのは、「政府のやることに異議を唱えるのはバカサヨやクソフェミやプロ市民のやること」みたいな層を大量に生み出したことだと思う。マスコミが政府を批判するのなんて本来のマスコミの役割からしたら当たり前のことなのに「アカヒ」とかの蔑称をつけて非難するのってどうなんだろうね。もしかしたらそれは間接的に自分の首を絞めていることなのかもしれないのに。
[PR]
by quix-que | 2008-07-24 14:13 | 雑BOX

今クールのドラマの話。

ニュースにぶら下げないと1日ヒトケタの前半しか見られてないらしい。

さて。ラストフレンズの最終回は、あれでよかったのだろうか。二人乗りのバイクが事故るところのひっぱり方、特にダンプのタイヤと何度もカットバックさせたりとか、ミチルの血圧が高くて出産が危ないという伏線と出産直後のブラックアウトとか、なんかあそこらへんのあこぎというか姑息な演出はそれまでの面白さを想いっきりダイナシにしてくれてたと思う。あんなことしなくても、普通に銚子でミチルをみつければいいと思うし、普通に難産だけど母子ともに無事でいいじゃないか。なんであんなところに「死の予感」をちりばめる必要があったんだろうか。

で。ろくすっぽ見ていないキムタクの月9ですが、あれがなんで振るわないのかわかった。要するに「オレサマじゃないキムタク」って全然魅力的じゃないってことだわ。これまでのキムタク主役ドラマって(大昔の主役じゃなかったやつは別)、濃淡はあってもどれもキムタクはオレサマな役だったんだな。でもってそれが「キムタクは何をやってもキムタク」という評価の一因でもあるのだろうけど、今回はオレサマ度がかなり低い、というか設定が無茶なだけでキャラクターとしては「普通にいい人」な役だから、面白くないんじゃないだろうか。あれだったら(前から思っていたのだが)金子昇で代用可能。

たとえば、の話。「花より男子」のF4をSMAPでやるとしたら(年齢的に無理つーのはおいといて)道明寺は間違いなくキムタクになるのだろうが(でもって花沢類がゴローちゃんで西門総二郎がクサナギで美作あきらが中居くん。あ、カトリはどうしよう)、それが面白いかというと、多分道明寺じゃなくてキムタクになっちゃうんだろうけどそれはそれでアリになるような。

結論として、今回視聴率的に振るわなかった(一番大きいのは「スタートが遅れたから」だと思うけど)ということもあるし、やっぱり今後ともキムタクはオレサマな路線でいくべきなんじゃないだろうか、ね。まああんまり見ないんだけど。

ついで。ジャニーズといえば、話は戻るけどラストフレンズの錦戸。あれはなんかすごかったね。ラストフレンズでの一番のびっくりは「何をやっても『のだめ』」だった上野樹里の化けっぷりと、目が半分死んでて半分イってる錦戸だった。でもああいう役やると次がまた大変かもね。
[PR]
by quix-que | 2008-06-24 18:20 | テレビっ子

三季。

<梅雨入り>沖縄などで12~14日遅く [ 05月22日 11時15分 ]

暑いっすね。

前々から思っていたのですが、日本には既に「四季」なんてものは存在していないのではないかと。あるのは「冬」「初夏」「夏(梅雨・残暑含む)」の3つではないだろうか。よく「秋」の風景の代名詞的になっている紅葉や落ち葉なんか、秋というよりは初冬の風景だし、残暑が終わってから初冬までって雨が何度か降ったらあっという間だし。

いや、個人的には初夏って一番好きな季節なんで、3月末ごろから初夏が始まって梅雨入りの直前までずっと初夏、というのは嬉しいんですが(だから今年みたいに5月頭まで冬だったりすると非常に気分が悪い)。
[PR]
by quix-que | 2008-05-22 12:55 | 雑BOX


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索