<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フリーター問題の本質って何よ。

なんか久々にものすごく頭にきたので、いきなり書いてみる。竹中平蔵公式ウェブサイト: ◆政局マニア系◆ フリーターと新しい自民党との革命的可能性(2)
まあ、どうせ竹中本人が書いた文章じゃないだろうが、公式サイトである以上、全ての文責は最終的に竹中大臣のものなのだからして、いいだろ。


職業というものが仮に『生活の糧を得るため』だけのものであるのならば、ある程度以上の生活ができるだけの収入さえ確保できればいいわけだし、その時々の関心であるとかまたは働きやすさであるとかで仕事をチョイスしながら世の中を軽々と渡っていければいいのかもしれない。フリーター=負け組、なんていうのは収入の不安定から言われているだけで、そこだけクリアできればフリーターで全然かまわないじゃん。むしろ自由度が高い分だけ、人間らしく生きられるわけだし。
でもさ、本当にそうなのか?

常勤雇用でないこと、継続的にひとつの仕事を続けないことの最大のデメリットは、「人材が育たない」「技術の継承が行われない」ってことにあるんじゃないの?というか少なくとも私はそう思ってるわけだが。
ここ数年のうちに起きるであろう団塊世代の大量退職を目前にして、ようやくこの点に対する危機感が叫ばれ始めたけれど、技術立国ニッポンを支えていたのは、職人芸的な『ものづくり』に対する探究心や熱意や習熟(熟練)であり、そしてそれは終身雇用による生活の安定と極めて密接に関連しているものじゃないだろうか。
たとえば伝統工芸の内弟子、なんてものを考えてみればいいと思う。一本立ちできるだけの技術を身につけるまでの生活は親方なり師匠なりが丸抱えしてるわけだ。
終身雇用という制度は近年弊害ばかり言われてきたけれど、モラール(モラルじゃないよ)の面からみて、とても大きな役割を果たしてきたと思う。
前にもこのブログで書いたけど、世論調査の結果では大きな政府を望む声が少なくないのに共産党や社民党が支持を得られない最大の理由は、「共産主義」に対するアレルギーなんかよりも、「大企業・資本家」vs「労働者」っていう二項対立が実感として現実から懸け離れていると感じているからだと思う。今おもいついたので全然検証してないけど、これには「終身雇用」という企業のありかたが、ある意味それ自体「大きな政府」的に機能していたという側面もあるんじゃないだろうか。
お金を右から左へ動かすことが経済だと思ってる人には、ものづくりとか技術とかいうものの「かけがえのなさ」がわからないのだろうか。熟練工の技能なんてものは、フリーターではとうてい継承しえないものだし、そしてそれが一度失われてしまったら取りかえしがつかないものなのに。

↑ここらへんは、「雇う側」というか社会の側からみての、フリーターによる損失の話なんだけど、もちろん雇われる側、当のフリーター本人側からみての損失っていうのも金銭的なものばかりではなく、ある。
「継続は力なり」を盲信するほどおめでたくはないのだが、それでも「人としてなにかをなしとげる」ということ、「職業人としてのプライドを持つこと」がその人本人にもたらすものは無視できないと思う。まあもちろんフリーターであっても「職業人としてのプライドを持つこと」ことは可能かもしれないし、仕事以外のことで自己実現しようって人だって当然たくさんいるだろう。でも、同じこの社会を構成している一員として、継続して同じ場所で働き続けることが保証されていることの意味は小さくないと思う。

ちなみに。
低所得層/下層階級の方がコンサバな方向にはしりがちなのは結構あることみたい。
[PR]
by quix-que | 2005-11-11 12:46 | どっちかというと外の話

ごみ屋敷

b0045451_1015447.jpg

通勤経路を変えたら、あった。
[PR]
by quix-que | 2005-11-11 10:15

小泉シスターズについて、思うこと。

第3次小泉改造内閣が発足 後継候補を要所配置 | Excite エキサイト : ニュース
まあ選挙運動期間中から、ちゃんちゃら可笑しいなあ、と思っていたのですよ、あの刺客とかくノ一とか言われてた人たち。
片山さつきサンも佐藤ゆかりサンも、「ここにお嫁に来たつもり」「みなさんで私をこきつかって下さい」とか言ってた。あのさ、その言い方って、まるっきり旧来自民党というか田中角栄的地元利益誘導型とどこが違うのん?
しかも、野田聖子(彼女には少子化問題や夫婦別姓など、期待してるものもあっただけに甚だ裏切られた感じだ)の離党勧告処分→離党届提出、の流れの中で、佐藤ゆかりサンの「これで私が名実ともに岐阜一区の唯一の自民党衆議院議員になったわけだから、選挙区をがっちり固めるために」云々って、まんま「当選することだけ(=員数合わせとしてだけ)が目的の議員」だって自ら認めちゃったようなもんじゃん。
片山さつきサンの「コイツ」発言はなかなかに「何様?」感が強くて早くもバケの皮が剥がれてきて面白い(まあ前原クンとしては面白くないだろうが、私は前原も評価してないんでどうでもいい)と思ったし、それで叩かれたので懲りたのか他にもいろいろ傲岸不遜とか言われてちょっとは反省してるのか、政務官就任でひな壇に立ってるときの口角を無理矢理上げたわざとらしい笑顔がとっても痛々しい(笑、とかありますねえ。
さらに言えば、猪口サン。あのドレスもさることながら、記者会見での意味もなく外来語というか英語を混ぜる話し方といい、今日のテレ朝でのひたすら上滑りしまくりな早口の言葉といい、自分に自信がというか中身がないのに自分自身が気が付いてないとああいう喋りになるんだろうなあ、と見ていて可笑しくて仕方が無かった。

というか、すでに料理評論家のナントカさんなんて全く話題にも昇らなくなってるし、猪口さんは大臣だからともかくとして、佐藤サンも片山サンも、次の選挙の前までにはすっかり忘れ去られてると思う、かなりの確率で。
[PR]
by quix-que | 2005-11-06 15:03 | どっちかというと外の話

そもそも今の親会社と球団の関係の方が余程ヘンでしょ。

トラックバック投票  :  阪神タイガースの株式上場案、あなたはどう思う?
そもそも今のプロ野球の球団のありかたって、選手が野球を業務に専念しているというだけで、社会人野球の企業チーム(とか欽ちゃん球団とか)とどれだけの違いがあるんだよ、って思う。親会社は球団にとってスポンサーというよりはタニマチであり、親会社の意向で球団はくっついたり身売りしたりさせられて、そこにはファンや現場の声が反映する余地はまるっきりないわけで。
それが果たしてプロスポーツチームと呼べるんだろうか?ということを、去年の合併騒動のときからずっと言いつづけてきているわけなんだけど。
ファンとか現場の声をとりあげて、本当の意味でプロフェッショナルスポーツとして成立するためには、独立採算で(ネーミングライツを含め)スポンサーを募る福岡野球方式か、ファンが出資してソシオ方式(っていうの?詳しいわけじゃないが)にするか、ってことになると思う。となると上場というか株式公開という方法は、やり方としては悪いものじゃない、と思うのだけど。
(もちろん、投機の対象となることによるリスクは
むしろ今の親会社タニマチ方式のほうがよほど、親会社の意向に左右されて健全とはほど遠い状態になってると思う。TBSが今頃になって突然夕方のニュースでもベイスターズの秋季キャンプ情報とか取り上げるようになったけど、シーズン中巨人戦ばっかり中継して(ベイスターズ戦は土曜の昼とかそんなのばっかり)なんのために球団持ってるのかみたいな状態だったのが、ここにきて楽天の買収をはねのける道具として野球協約が使えそうだから、急に球団を大事にし始めた(というか大事にしているようなポーズを見せつけている)ようにしか見えないし。ベイスターズファンはそれをどう見ているんだろう。

「上場したら株主の意向で八百長がおきかねない」って、それってあまりに現場を舐めているというか選手に対する敬意のカケラさえない言い分だな、と思う。私がナベツネが嫌いな理由は、そういうプロフェッショナルに対する敬意が皆無なところなんだわ。
[PR]
by quix-que | 2005-11-06 10:41 | スポーツ話

情操教育というもの

<アザラシ>徳島・那賀川に出現!災害復旧工事も中断 | Excite エキサイト : ニュース
いやもう、このテのニュースがテレビで出るたびにお馴染みの光景となってしまった、小さい子供たちの見物人が一斉に「○○ちゃ〜〜ん」と呼び掛ける姿であるが。
(今回の場合は「ナカちゃ〜〜ん」か)
あれ、いい加減にやめない?というか即刻ヤメレ。
一体全体どんな反応を期待してるんだよ。タマちゃんの時に学ばなかったのか?

多分ね、ガキんちょどもにしてみれば、保育士だか幼稚園教諭だか親だかが動物園に行ったときに
「ほら、キリンさんだよ。声かけてみようか。『キリンさ〜ん』 ほーらこっち向いた」
みたいなことをいつもやらせてるそのノリなんだろうけど。でもそもそも、動物園の動物に大きな声で呼び掛けるっていうのは推奨されてることなのか?

だってさ、そもそも野生生物に勝手に名前をつけることからしてどうかと思うけど、野生生物にとって、人間というものがどういう存在なのか、ちょっと考えてみようよ。自分の生存を脅かしかねない、敵というか脅威でしかないんだよ。それが何匹もひとところに固まって自分の方を見て、一斉に大きな声を出している。
これが威嚇でなくてナンであろうか。

「ここは君のいるべき場所じゃないから、早くもとの住処に帰れ」という追い払う意図でやってるのならばまだしも(でも絶対違う)、もしかしたらあれ、テレビ局の取材クルーがやらせているのかもしれないが、だとしたら最低。

ホント、咲いてる花を勝手に摘んだらいけないと教えるついでに、野生生物に出会っても大声出さないと教えるべきじゃないのかね。どうもあの「○○ちゃ〜〜ん」を見るたびに胸くそ悪い。
[PR]
by quix-que | 2005-11-06 10:10 | ネタ


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索