<   2004年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

さすがに人が減った

先週までコンスタントに100人/日の訪問があった当ブログですが、今週頭くらいからいろいろとかまけていたら、一気に50前後まで下がってます。
それでも読みにきてくださってる皆様、ごめんなさい。
ええと、なににかまけていたのかというと、
・日本テレビのイマイさん特番および2ちゃんねる実況板イマイさんまつり
・2ちゃんねる車板の150まつり
・仕事
・大掃除
です。

どうでもいいんですが、一場くんはでき婚だそうで。きっと彼の辞書には「謹み」「矜持」という言葉はないに違いない、と思う今日このごろ。
[PR]
by quix-que | 2004-12-24 19:47 | 雑BOX

教育の敗北と危機管理意識のおはなし

元明石署幹部ら2人に実刑=兵庫・明石の花火大会事故 | Excite エキサイト : ニュース

 うーん。
 おそらくこういうことは口にしてはいけないことなんだろうと思うけれど、赤ちゃんが死んでしまった責任の半分以上というかphoque的見積基準では85%くらいは「猛烈な混雑になることがわかりきっている花火大会にアカンボを連れていって、漫然と人混みの中にアカンボを抱いたまま入っていった親」にあるよなあ、と思う。警備が不十分だとか、対応が後手にまわったとか、警察や警備会社の不備は確かにあったと思うけれど、より根本的な問題は別のところにあるように思えてならない。

 花火大会にアカンボを連れていく心理ってなんなんだろうね。「うちの子にも花火を見せてあげたい」ってか?そうじゃないよ。「子供がいるからって花火行けないなんて不公平だよ。自分が遊びたいだけ。それが後ろめたいから「○ちゃんにも花火を見せてあげようと思って」みたいなことを言う。

 夜なのに、帰りは間違い無く夜遅い時間になるのがわかってるのに、人混みの中にアカンボ連れ出すなんて、はっきり言って虐待と思う。
[PR]
by quix-que | 2004-12-17 22:55 | どっちかというと外の話

これでまた小泉に自衛隊駐留延長の口実を作ってしまうのか。

<イラクへ>苫小牧市のカメラマン、出発 中止要請聞かず | Excite エキサイト : ニュース
この人って確か高遠さんの支援者として写真展やったりしてた人ではないかと思う。がそれはさておき。どうやらイラクに入ることは断念したらしい(ソースがない)。

---------ここいらへん「自己責任」についてのハナシ。読み飛ばし可。
 例の最初の3人に対する『自己責任論』バッシングやら『反・自己責任論』やらが巻き起こったのと同じ構図がまた起きるのかな、と思うとちょっとウンザリ、って感じがする。けど自分も書く(棚上げもーど)。
 自分の姿勢は一環して、「自分のとった言動(言わなかった/やらなかったことをも含めて)は、最終的に自分に対する評価として返ってくる。それを真摯に受け止めることが最大の自己責任っていうもの。
 だから、どこやらのブログにあったけど、「最初の3人は恐怖を味わったことで行動に対する責任を負っている。バッシングは想定される範囲のことではあっても、当然に受けるべき社会的制裁とはいえない」とは、私は思わない。「恐怖」だのなんだのはリスク管理がダメダメだったツケを払わされただけ(生水飲んだらお腹こわしたってのと同じレベル)のことであって「責任」なんて大層なものじゃないよ。もちろん嫌がらせの電話なんてのは論外だけど、「思慮の浅い言動によって周りに迷惑をかける連中」と批判されることは、彼等にとっては「当然受けるべき批判」であり、そう評価されることが「彼等に負わされた責任」だから(その後の2人についても同じ)。香田くんの場合も「死をもって償わねばならない」ほどの間違ったことではなかったし、「死んだ人を悪く言わない」という日本的風習からあまり強く非難されないというだけで、「馬鹿なことをして周りに迷惑をかけた」という評価は当然に受けている。
---------ここまで。

 でね。
 今の時期にイラクに行こうなんていう人は、政府関係の人を除けばどちらかというと現政権の政策に批判的な人だったり反米だったり「イラク人のことを嫌いになれない」人だろうとは思うわけですよ。でも、もし万が一(というかおそらくは1/10000よりも確率としては高いのかも)テロリストにとっつかまって日本政府に「自衛隊の撤退」を要求されたら、それは小泉に「テロには屈しない」という「自衛隊撤退延期」の大義名分というか口実を作ってしまうことになり、アメリカ(というかブッシュ政権)を喜ばせ、イラクの人たちの苦しみを長引かせることになるんだけど⋯⋯。そういうこと考えられないのかな? イラクの今の姿を自分の目で見たい、その欲求はわからなくもないけど、「家族やまわりに迷惑をかけることになるきもしれない」と事前に言ったり書いたりしたところで、そんなもんナンのエクスキューズにもなりません。むしろ確信犯(正しい意味での)ぶってる分だけ卑怯だ。
 マキャベリストだったりプラグマティストだったりする人を尊敬しているので、結果として利敵行為になる可能性が予測されるようなことは、いかに高邁な理想だろうが筋が通っていようがすべきでないと私は考える。そういうところの思慮だの判断力だのが欠けているのは「罪」であるとさえ言える、と思う。

 何度でも書くけどさ、小泉の行動原理なんて「テロに屈しない俺様カコイイ」程度のものなんだから。
[PR]
by quix-que | 2004-12-16 21:40 | どっちかというと外の話

罪を犯す/法を侵すということについて。

神経科学が問いなおす「自由意志と責任」 | Excite エキサイト : ニュース
神経科学者たちによる最近の研究で、前頭葉前部皮質に損傷がある人は、善悪の判断ができても、器質的に行動を制御できない場合があることが明らかになっている。(中略)「道徳的な判断に関して、最近の神経科学分野で旬の研究テーマだと思われるのは、状況により感情が高まる度合いに応じて、判断が変化するあり方だ」とサポルスキー教授は述べた。
 プリンストン大学心理学部のジョシュア・グリーン博士とジョナサン・コーエン博士も、このような分野に興味を抱いている。両博士とも、神経科学分野での発見により、自由意志と責任に関するわれわれの道徳的直感が変わるため、法律もまた変わるだろうと考えている。(上記記事より引用)
↑これ、個人的にはものすごく興味を惹かれる話。
 今朝の「とくダネ」で、26年前に小学校の警備員が女性教師を殺して自宅の床下に埋めていた事件をとりあげていたのを透析受けながら見ていたんですが、その時にすごくひっかかったこと。
 その男性は自首した時に「いつも教師にイジメを受けていた」「その日校舎を見回っていたら曲り角で女性教師とぶつかった」「監視され、あら探しをされているように感じた」「向こうから襲いかかってきたので突き倒した」「これが他の先生に知られたら大変だと思い、殺すしかないと考えた」「誰にも見られていなければ完全犯罪だ」と語っていた。男性は女性教師を埋めたあと、自宅の周りに鉄のフェンスを建てその上に有刺鉄線をはりめぐらし監視カメラをつけるなど、異様な行動があったという。近所の人は「挨拶もしない人」だと言っていた。
⋯⋯なんなんだろうこの「人を殺すことを容易に決断できる心理的抵抗の閾値の低さ」って。
その他にも、この男性の行動や考え方には精神病質的なものを感じるんですが、そういう人が人を殺した後もずっと殺した現場である小学校で警備員の仕事を定年まで勤めたというあたりに、そら恐ろしいものを感じてしまう。

 その他にも、長野(飯田)の連続強盗殺人犯とか、今日無期を求刑された千葉の偽装結婚妻殺し犯とか、なんか犯罪に手を染めることへの抵抗感というか閾値の低さが最近目立つような気がする。

 電車のキセルと未成年飲酒と駐車違反くらいしか違法行為をしたことがない(←今はどれもやってませんからね)自分は、法を侵すという行為は「ものすごく特別なこと」だとずっと思ってきたのだけれど、ある時ある本で(何の本だったか全然憶えてないのだが)、「犯罪を行う者にとっては、犯罪は『それが自分にとっては容易である』という安直な選択肢であるにすぎない」みたいに書いてあったのを見て目からうろこだった。
 なるほど。欲しいものがあってお金が足りないときに、諦めるとかお金が貯まるまで我慢するとかいう選択肢よりも、「目の前にあるのだから盗む」という選択は安直で容易だ。性欲を発散させたい時に「女を口説く」とか「風俗へ行ってお金を使って解決する」よりも「目についた女の後をつけて部屋に押し入って犯す」方が安直で容易だ。その後に生じる様々なリスクを考慮しなければ、の話だが。
 普通の人にとっては(道徳的良心を排除しても)「後に生じる様々なリスク」が身に染み付いているから、そういう「割に合わない」ことは最初から選択肢から除いているものだ(と思う。少なくとも自分はそう)。しかしおそらくなんらかの理由でそういうリスクの存在に考慮が及ばない人間、あるいはリスクを過小に評価してしまうタイプの人間が「やすやすと犯罪に手を染めてしまう」のだろうと思う。そしてそういう人間にとっては、法によって捌かれ罰せられるということはなんら抑止力になり得ないわけだ。
<千葉少女殺害>戸籍上の夫に無期求刑 | Excite エキサイト : ニュース

 それにしても、ドンキの火事の件、なんか万引きでつかまったメンヘル女性が怪しい、みたいになってたら別のドンキでまたボヤでしょ。しかも女子トイレでトイレットペーパーに火って、埼玉のドンキ周辺のサティだかなんだかの連続ボヤと手口同じだし。嫌な年の瀬だわ。
ドンキで万引の女逮捕=火災時、ビデオに写る=差替 | Excite エキサイト : ニュース
[PR]
by quix-que | 2004-12-16 19:34 | どっちかというと外の話

夢とうつつと理想と現実とクリスマスの話。

思えば夢のない子供時代だったかもしれない。ものごころついたころから、ただの一度もサンタクロースの実在など信じたことはなかった。まあ、ものごころついたころには既に父は入退院を繰り返していたし、母はまだオムツのとれない弟を連れて父の入院する遠くの町に行っていることが多くて、世間一般の家族団らんのクリスマスとは縁が薄かったせいもあるのだろうが、私からみれば、小学校に入る年齢になってさえ、サンタの実在を信じているヒトがいることの方が信じられないことなのだが、どうやら私の方が少数派というか、たいていの人は小学校に入ったころまではサンタの実在を信じているものらしい。どうしてそんなことを信じていられるのか、というより、周りがどうしてそんなことを信じさせたままでいさせようとするのかが正直私には全くわけがわからない。
みたいなことを昔どこかで書いたんだけど。

 ずっと以前、これも前に多分どこかに書いた話だけど、新聞の投書に
月面の写真を載せるのはよくない。私が子供のころは「月にはウサギがいて餅をついている」などと夢を抱いたものだが、今の子供は現実を見せ付けられて、そんな子供らしい夢を抱くこともできないでいてかわいそうだ
みたいなのがあったんです。
 おいちょっと待てよと。お前それは「夢」つーものを大きく勘違いしてやしないかと。子供の(というか人間の)想像力というものをなめてるんじゃないかと。
 「事実とは異なること」、もっとはっきり言ってしまえば「嘘」を前提というかベースにしなければ抱けない「夢」ってなんだろう。事実を知ったら壊れてしまう、消えてしまうものなんて「夢」と呼ぶほどのものじゃないんじゃないか。私はそう思ってるわけです。、「ウサギが餅をついている」嘘の月には夢があって、月が荒涼とした砂の大地だったらそこに夢を抱くことはできなくなるものなの?それちがうんじゃない?月が大気のない砂の大地だということを知りつつなおも月へ行く夢を持ち続けたからこそ、人間は月へ降り立つこともできたわけでしょ?

 で、サンタの話。
 正直な話、サンタがいることにしておきたい真理っていうのが、いまだに私にはわからない。プレゼントはサンタがくれるのではないとしても、「まわりの誰かがあなたのことをいつも大事に思っていますよ」でいいじゃない、と思うわけです。それで何が困るのか。
 なんか、不合理で説明のできないことを空想上の人に丸投げしてるって感じでモヤモヤするんですが。

クリスマスひとくちメモ
[PR]
by quix-que | 2004-12-15 14:36 | 雑BOX

私ならこんなレイアウト考えたヤツには始末書を書かせますが。

 今日の朝日新聞夕刊8面「週間TVナビ」
「ばんぐみ探検隊」で「食わず嫌い王」の記事が出ている。読み進むと一番下の段に
木梨は「渡哲也さんが一番印象的だった」とふりかえる。とろろが嫌いで、仕事にしている人には申し訳ないが、鼻水を食っているみたいなんだと言ったという。(以下略)
とある。
ちょっと下に目を向けると、「TVキッチン」のコーナーで「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」より、紹介されているレシピはめんたい麦とろです。その距離数センチ。

どうしてくれるんだよ、とろろ食えなくなりそうだぞ。


[PR]
by quix-que | 2004-12-14 22:06 | 食べるもの/ことの話

ちょっといい話って感じかな。

 前にテレビでホリエモンの側近が「社長が泣いた」って話をしていた。ライブドアと楽天が新規参入を争っていたとき、仙台の人びとは圧倒的に先に手を上げたライブドアを支持していた、その世論調査結果を聞いて、あのホリエモンが涙ぐんでいたんだそうだ。
 プロ野球への新規参入は出来なかったとはいえ応援してくれた仙台の人たちのために、ライブドアが仙台で一日だけのライブドアフェニックスのイベントを行うらしい。球団創立に走り回ったスタッフと応援したファンとで、キャッチボールをしたりしてのんびりまったりとしたイベントを予定しているんだとか。
(グッズ販売もあるらしいけど、正直、欲しいぞ。パーカーとか)
ライブドアが感謝イベント 楽天が協賛、宮城で | Excite エキサイト : ニュース
 で、このイベントに楽天も協賛するらしいんだけど⋯⋯。
 ライブドアに比べて楽天は、って言ったらナンだが、ファンクラブ会費10マソって何? ファンクラブっていうのはさ、昔の「少年ファイターズ」みたいに「気軽に球場に足を運ぼう」「野球をもっと身近に」という気持ちにさせるモノであるはずなのに、10万円っていう金額は最初っからそういうの放棄してるよね。VIP待遇でタニマチ気分、て感じですか。それで得られるものっていうのは、「野球を身近に」とは懸け離れてる。なんていうか、本当に「野球の好きなひとの気持ち」がわかってないなぁ。
[PR]
by quix-que | 2004-12-14 19:24 | スポーツ話

寝言は寝て言えっ!または「冗談は休み休み言って下さい」

一茂氏が代表特別補佐に 巨人、球界にアドバイス | Excite エキサイト : ニュース
 ええと、ってことはつまり、「オヤジが神輿に使えないなら息子を」ってことですかね?
 なんか姑息じゃない? でもって、そういう扱いでいいのか一茂よ。
[PR]
by quix-que | 2004-12-14 18:38 | スポーツ話

どんどんどん、どんっきー♪なんて歌ってる場合ではない

3遺体発見、不明の店員か 連続放火事件と断定 | Excite エキサイト : ニュース
 平成の勝ち組小売業にもとうとう影、ですかね。
 朝日の夕刊によれば、都内の全店鋪が消防法違反で改善勧告を受けていた、とか。
 ドンキって中に入ったことはないんですが、知ってるディスカウントストアから類推するに、流行ってる店って物がゴチャゴチャと天井まで積み上げてあったり通路が狭かったりワゴンにものが山積みになってたりするのが普通なので、あれで火事が起きたらそりゃ大変だろうな、上から物が降ってきて逃げ道を塞いだり、出口は普通あまり広くとってないので避難するの難しいだろうな、と容易に想像できるわけなんですが。なんとスプリンクラーもなかったとかいう話だし。
 本業が勢いに乗っているときはホントにイケイケドンドンで、おそらくこういう物理的危険への安全対策みたいなものがおろそかになっていたんでしょうね。
 亡くなられた方の御冥福をお祈りします。
[PR]
by quix-que | 2004-12-14 18:18 | どっちかというと外の話

誰かガツンと言ってやる奴はいないのか?情けない大人たちよ。

 今テレビのニュースで、仙台のどこやらのクリスマスツリーの点灯式のことをやっていたのだけど。

誰か一場にガツンと言ってやる大人はいないの?


 入団発表の時も「メジャー挑戦」とか飛ばしてくれてた一場だけど、こいつ本当に「反省」のはの字も頭の中にないわけね。
 一場は重大なルール破りをやった。お金を返したから許されるってものじゃないでしょう。だけどそれに対してペナルティは(今のところ)何もない。でもって入団発表でも大はしゃぎだし、クリスマスツリーの点灯だぁ?
 誰も一場に「反省」とか「自粛」とかそういうことを促そうとしないのか?
 なんかホント、ふつふつと憤りが沸き上がってくるんですが。
[PR]
by quix-que | 2004-12-12 21:03 | スポーツ話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

人気ジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索