<   2004年 11月 ( 65 )   > この月の画像一覧

検索ワード

どうやら、Googleで「憶えなくていいヨ」で検索すると、このブログが一番最初に出てくるらしい。
どうりで突然訪問者が増えたわけだ。
[PR]
by quix-que | 2004-11-30 19:23 | 雑BOX

兄と弟、どっちもどっちと言うよりよっぽど弟がしょーもない

<秋篠宮さま>39歳の誕生日 皇太子さま発言に「残念」 | Excite エキサイト : ニュース
 いやー。相当に頭悪いんですかね、この人。
 皇太子が宮内庁に苦言を呈した5月の記者会見について意見を求められての答えが、
「記者会見という場で話をする前に、せめて陛下に話をしてからにしてほしかった。残念だった」
といったものだったわけだけれど、そう言う秋篠宮くん自身は、兄に対する苦言を公の場で口にするのに、陛下に相談をしたのかい? 批判を口にすることによって、批判の中身がそのままそっくり(厳密にはより強く)自分に返ってくるってことには考えは及ばなかったのかい?
 皇太子の苦言の対象は宮内庁、つまり赤の他人。それに対して秋篠宮の苦言の対象は皇太子、すなわち兄弟。弟が兄に対する苦言を公の場で口にすることの方が、より一層両親つまり両陛下の心を痛めることになるくらいのことは想像できなかったのかい?
04-12-02追記
赤の他人(しかも職務でやってる人)に対する苦言と、家族に対する苦言では、前者をより慎重であるべき、という立場ももちろんあると思う。だけどこの場合、皇太子の苦言の対象は宮内庁に属する人の人格に向けられたものではなく職務、つまりヒトではなく事象に対して向けられているのに対し、秋篠宮のそれは明らかに皇太子個人(およびその妃である雅子妃個人)の人格言動に向けられている(つまり個人攻撃)わけで、やはりその点からも、より「公の場に相応しくない発言」であると言える。
オマケに言えば、おそらく皇太子があれを言わなければ閉塞状況の打開は難しかっただろうし、それを考えるとやむを得ない部分がかなりあるのに対し、秋篠宮の発言は個人的に会ったときにでも伝えれば済む内容だ。

 しかも、雅子さんの問題については、そっと見守って欲しいという皇太子の言葉があった筈。自分が苦言を言いたいためには当事者が「見守って欲しい」とお願いしている問題を蒸し返すことになっても構わなかったのかい?

 まあ確かに、記者がわざわざそういう質問をして誘導した、ということはあるかもしれない。でもね、というかだとしたら余計に、こういう問題について言及するのには十分に考えるべきでしょ。あのテの会見での質問が事前にチェックされないものなのかどうか私は知りませんが、なんにせよ弟が兄に対して苦言を呈するのに記者会見という場は適切でないこと甚だしいと思う。あれじゃまるで、普段は何も意志の疎通がない疎遠な兄弟みたいじゃない。
 ホント、言いたいことがあるのならば本人に直接言えよ>秋篠宮。

 
[PR]
by quix-que | 2004-11-30 17:46 | どっちかというと外の話

なにげに楽天って阪神出身者多くない?

 すでに分配ドラフトで川尻他数名の元阪神選手が楽天入りしてるわけですが、今度は関川ですか。かつて阪神から中日へ移籍した年には優勝におおいに貢献した関川も、今年はロクに出番もないような状態だったわけだし、新天地を求めるという選択肢は間違いではないでしょうね。
 まあ考えたらそもそも田尾監督からして阪神出身だし(イメージとしてはやっぱり中日OBなんだが)、そういえば三木谷くんも報道ステーションで阪神ファンだと言っていた(あまりに見え透いてて笑うしかなかったけど)っけ。
 というか、もともと阪神はオリックスや近鉄との間のトレードが多かったわけだから当たり前といえば当たり前なんだな、これ。しかし、ハムへ行った坪井や新庄とちがって、イマイチ応援する気になれないのは何故だろう。
楽天が飯田らを獲得 中日からは関川、小山も | Excite エキサイト : ニュース
[PR]
by quix-que | 2004-11-29 21:33 | スポーツ話

“萌え”って今年の新語・流行語だったのかーびっくり。

 自分が本格的にネットはじめたのが91年。このころはまだniftyが主体。
 インターネットに接続するようになったのが95年。最初のうちハマったのはもっぱらfjやjapanといったニュースグループ。でもって、私の記憶する限りでは、現在の意味での“萌え”、つまりアニメやゲームキャラなどの愛らしい少女を愛でる気持ちを表した言葉としての“萌え”は、少なくともこの頃には既にネットでは普通に使われていたよ(そのころは“ぷに”とセットで使われることもあった。この“ぷに”の方は最近とんとおめにかかりませんが)。
 今年の新語、とか言われるとものすごく違和感がある。なんなのこの10年近くものタイムラグは。
[PR]
by quix-que | 2004-11-29 21:10 | 雑BOX

矜持と諦観

 私は清原という選手をはじめから評価していなかったわけではない。高校時代の清原は本当にすごい選手だったと思うし、ライオンズ時代のしょうゆ顔の少年だった清原のことはファンだったと言ってもいい。あの日本シリーズで流した涙には思わず胸にこみあげるものがあったのも事実だ。清原を応援できなくなった理由は、ドラフトで自分をないがしろにした巨人へFAでしっぽ振って行ったことと、2度めのFAではオーナーサイドからかなり酷いことをいわれながらもなおも巨人に固執して残留したこと。
 そして今また、自分がチームに必要とされず、指揮官から疎まれつつも、なおも巨人にしがみつこうとしている清原の姿に、失望を通り越して哀れささえ感じずにはいられない。
 結局清原は野球が好きなのでも、野球をやりたいのでもなく、「巨人」が好きでどんなにないがしろにされても「巨人軍の一員」でいたいだけなんだね、多分。いったいこの男には矜持というものがあるのだろうか。
 でファンも一枚岩じゃない?番長応援サイト異論反論 | Excite エキサイト : ニュース。ニュース本文によると、このサイトでは「巨人に残っても出番がないのならばいっそ新天地に活路を見いだせ」系の意見は「本当に清原さんのファンですか」と言われてしまうらしい。
 選手が選手ならファンもファンだ、といういい見本のような気がする。結局この自称清原ファンは、清原のプレーが好きなわけじゃなくて巨人の清原が好きなだけで、巨人軍選手でない清原には価値がないということらしい。ホント、脳みその中に何を詰めたらこんな馬鹿な意見が出てくるんだろうかと思うよ。ファンだったら、試合に出てプレーをしてる姿を見たいと思うものじゃないの?「清原を試合に使わないのは堀内のせいだから堀内を辞めさせるべきだ」って、本末転倒もいいところだと思う。

 野球が好きじゃなくてただ巨人軍でいたいだけ、巨人の清原でなければ野球選手としての価値がないって言うんなら、いっそ野球辞めて格闘技にでも転進したらどう? 少なくとも曙よりはずっと強そうだけど。
[PR]
by quix-que | 2004-11-29 20:32 | スポーツ話

この先生きのこるには

スギヒラタケ自体に毒性 マウス実験で確認 | Excite エキサイト : ニュース
 いやーこのニュース、本当に自分にとっては死活問題なんだってば。慢性腎不全で人工透析を受けてる身ですから。
 一緒の病院で透析をうけてるお婆さんがいるんですが、このおばあさん、毎年夏になると2ヶ月くらい、東北に帰ってるんですね。今年の秋に帰ってきたころ、丁度スギヒラタケで死者が出たニュースが出はじめたのだけど、その時に話してたら、「うちの地元の方じゃスギヒラタケは味噌汁にしてしょっちゅう食べる。今年も何度も食べてきた」と言っていた。
 結局何が原因なのか全然わかっていなかったのが、これでやっと少しずつ原因究明に近付いてきたわけで。でも、過去において問題がなかったのが何故今年になって突然、という謎は「気候のせい」で片付けられるものなのかどうか、不安だ。
 だってさ、それまで普通に食用にしてて何の問題もなかったものが気候によって突然強い毒性を発揮しちゃうってことは、このキノコだけじゃなくてもしかしたら今ふつうに食べてるブナシメジだのシイタケだのエリンギだのヒラタケだのエノキダケだのマイタケだのキクラゲだのでも異常気象がおきたら突然毒性を持つことも可能性としてはあり得るわけで。キノコ好きの私としてはそれはそれはとても恐怖だ。(といいつつ今日もエノキを大量に食したわけだが)
[PR]
by quix-que | 2004-11-29 19:49 | 食べるもの/ことの話

っていうかタダでさえ国際結婚って難しいものなんだからさ、

 韓流とかで韓国人男性との結婚を希望する日本人女性が増えている、というニュースが以前にあったけど(本題とは関係ないので詳しくは触れませんが、このニュースのソースである「楽園コリア」という結婚紹介所は世界基督教統一神霊協会、いわゆる統一教会の関係組織らしいです)、実際にお見合いした人によると結果は散々だそうで。詳しくは韓国オトコ、意外に?不人気を参照してほしいわけですが。
 個人的にはかつて韓国籍の彼氏(在日三世)がいた過去があったりするわけですが、その時にもやっぱり違和感ってありましたね。いや、これももう通り過ぎてしまったずっと昔(10年以上)の話だから言えるわけで、つきあってた当時は「彼のことを理解できないのは自分がわるい」とか自分ばっかり責めていたわけですが。今考えるとそれも自虐史観の影響があったかな、と思わなくもなかったりして。
 たとえば、自分が悪くても絶対に謝らない。間違っていても訂正しない。他人が自分の期待(それもかなり自分に都合のいい身勝手なもの)どおりに行動しないと裏切られたと感じて口汚く罵り、いつまでも執念深く恨みを抱く。権威とか地位に弱い(たまたま知り合った人が社長だと、それがどんな零細企業であっても「俺の友達の××さんは社長さんなんだぞ、すごいだろう」と自分のことのように自慢する)、遵法精神の欠如(いきなり最初のデートでドライブ中にビールってのは⋯⋯)、怒りを制御できずすぐに態度に現れ行動が荒っぽくなる、他にもセックス絡みでもいろいろと(さすがにここには書けないが)。
 そういうの、ずっと彼の個人的な資質の問題だと思っていたわけですが、ある時DSM-4というのを知りまして、それでみると彼の性格というのは「境界性人格障害」の判定基準にほぼ全部あてはまる。
 さらに最近になって2ちゃんねるのハングル板に出入りするようになったのですが、そこで書かれている韓国人というのがほとんど彼と似たような感じだったり、更に韓国人成人男性のほぼ半分(45%だったかな)は境界性人格障害の可能性が高いという話を読んだりして、それだけだったら偏見や差別だと思うんですが、なにしろ典型的な実例を間近で見ていたから、なるほど納得というか、かなり信ぴょう性のある話じゃないかと思うのです。
 トラバ元の記事では食べ方のことに触れてますけど、この前の「ためしてガッテン」によれば、韓国では口の中で食べ物と空気とをよーくまぜまぜするのが正しい食べ方なのだそうで。それをやられたら生理的に受け入れない、というのは、日本人が汁をすするのを西洋人が受け入れられないのと同じようなもので、「どうしようもない文化の違い」なんでしょうねえ。

 それにしてもドラマに出てくるみたいな男性がそんなにいるわけないじゃん。韓国のドラマがなんであんなに純愛ものが多いのか、それは多分実際の恋愛はそんなにロマンチックになりようがないし、現実の韓国男性はそんなに優しくもないからなんじゃないの? 現実とかけはなれているからこそ、そういうドラマの需要があるわけでしょ。ちょっと考えればわかりそうなものなんだが。 なにしろかの国には「女と犬は叩くほどよくなる」とか「女房は3日叩かないと狐になる」とかいう諺があるわけで。
あと、「10回叩いて倒れない木はない」って諺もある。この諺、一般的には「努力はかならず実を結ぶ」みたいな意味で使われることになってるけど、その裏の(というか本当の)意味は「どんなに嫌がる女も無理矢理迫って関係をもってしまえば自分のものになる」だそうだ(ソースがハン板だけど)
 って書くとなんだか単なる嫌韓厨みたいですが、いやいや。在日でも個人的に信頼に値する人を知っているし、韓流でもパク・ヨンハは単純に結構好きだし、キムチはともかくわかめスープや豆腐チゲや冷麺は愛しておりますし。
[PR]
by quix-que | 2004-11-28 14:59 | 生活ねた

※下衆の勘ぐりにつきご注意下さい

<コクド総務部次長>株担当が水死 自殺の可能性も | Excite エキサイト : ニュース
 こういう事件で自殺者がでると、なんかやっぱり勘ぐりたくなりませんか? 特にコクドの場合、西部鉄道が総会屋に利益供与していたという事実もあるくらいだから、やっぱり裏社会となんらかの繋がりがあるだろうし。
 っていうかさあ、不自然だよね。コクドみたいな会社で堤義明の指示なしになにかが動くなんてことありえないじゃん、いくら株担当だからっていってもこの人が有価証券報告書の嘘記載の責任者だったりする可能性なんて万に一つもない。まちがっても「自責の念にかられての自殺」だなんてあり得ないっしょ。
 
[PR]
by quix-que | 2004-11-28 10:45 | どっちかというと外の話

前途多難だけど曾我さんがんがれ超がんがれ。

ジェンキンスさん釈放 「日本で暮らす」と発言 | Excite エキサイト : ニュースっていうことなんですが。
 いや、佐渡みたいな田舎で英語と朝鮮語しか話せないお年寄りが生活するのは大変だと思うよ、ヒトゴトながら。娘二人はまだ若いし日本語もすぐにしゃべれるようになるかもしれないけど。
 佐渡で仕事もみつけたいとのことだったけど、英会話教室の先生とか翻訳とか? でもそういう仕事が佐渡でみつかるものなんだろうか。
 曾我さんが佐渡で生活したいという気持ちはわかるんだけど、現実は厳しいと思う。むしろ新潟市内とかもうちょっと都会に出た方が、特にもうお年寄りといっていい年齢のジェンキンスさんにとってはいいんじゃないだろうか、と思う。
[PR]
by quix-que | 2004-11-28 10:40 | どっちかというと外の話

血液型とそれにまつわる巨大なバカの壁のおはなし。

<血液型番組>「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ | Excite エキサイト : ニュース
ってわけです。10月は6回でしたか。11月も結構何回もやってたところを見ると、今現在テレビ界におけるブームは細木数子と血液型が2本柱ってことですかね。
 私はこのテの番組は絶対に見ません。見たら不愉快になるのはわかってるから。でも、自分が見ない/信じないだけじゃおさまらないのがこの問題のめんどくさいところ。
 いやいや、「どうせテレビなんてお遊びなんだから事実かそうでないかは別として話のネタにできればいいじゃん」って思う? たとえばこのニュースへのトラックバックでも、「本気にする方がどうかしてる」とか「抗議なんてする方が血液型に捕らわれてる」とかいうのがあったけど、そういう人たちって、周りに血液型信者がいない、というかなり幸運な人なのか、「どうせあんなの本気で信じる方がバカ」というところで思考停止してるんじゃないかと思う。そういう思考停止もまた、血液型信者と似たような「決めつけ」だし、更に言えば「テレビに惑わされない自分カコイイ」みたいな歪んだ優越感に浸ってるようにも見える。
 本人が「血液型性格診断」を信じないのは結構なことで、これからも是非信じることなくいて欲しいと思うけれど、このニュースはそういう「血液型性格診断を信じる/信じない」の問題ではなく、現実に信じてる人がいて、そのせいで有形無形の圧力だの偏見だの嫌な思いをしている人もまた確かに存在し、テレビはそれに拍車をかけている、というところが問題なわけだ。
 テレビでとりあげるから本当だ、既に証明された揺るぎない事実だ、と思う人っていうのは、おそらくものすごく沢山いる。それによって具体的に迷惑を被ってる人というのも少なく無い。一例として【生活全般】 血液型占い厨が撲滅してほしいと思う人の数→ なんていうのもある。まあソースが2ちゃんねるだから多少の誇張はあるかもしれないけれど、血液型で決めつけられて困ってる、人間関係に支障をきたしてる人というのは実際にかなり多いんじゃないかと思う。それについて、テレビ(に限らずこの手の情報をあたかも事実みたいに書いてる雑誌や書籍も含む)には責任がないと言えるのかどうか。問題の本質はそこらへんにある筈。
 受け手の側のメディアリテラシーの問題はもちろんあるにせよ、だからってテレビが根拠のない偏見を(それもあたかも根拠があるかのごとく)垂れ流して許されるはずがない。そこのところをスルーして、自分が信じる/信じないの問題だけに矮小化してしまえる人、「抗議するなんてバカげてる。嫌ならスルーすればいい」って言い切ってしまえる人の前には巨大なバカの壁が存在してるんだと思う。
今ちょっとexciteニュースのトラバをざざっと全部流し見したけど、ほとんどが「自分は信じないからどうでもいい」とか「自分も信じてないけど、だからってテレビに抗議するなんて馬鹿じゃね?」みたいな感じだった。更にいえば「どうせ抗議するのは○型とか×型とかでしょ?」なんてのもいくつかあった。⋯⋯そういう視点でしかこの問題を見られない人ばかりなの?あーなんかかなり頭痛い。

 聞いた話では血液型で採否だの配属だのを決める企業もあるらしい。そうやって個人の適性だの個性だのが殺されていく。ちなみに今勤めてる会社も、面接の時に書かされた調査票には血液型の欄がありましたっけ。それだけで入社できたとも考えられないけど、その時面接した専務には未だに「A型っぽくないわよね、ガサツだし」と時々思い出したように嫌みを言われますが。(ちなみに、几帳面さが求められる職種ではある)

血液型性格診断についての私の考え(蛇足)
[PR]
by quix-que | 2004-11-28 10:14 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索