カテゴリ:どっちかというと外の話( 122 )

適材適所ということ、もしくは「代表する立場にある人間」の資質について

関係修復策めぐり協議 武部氏らが盧大統領と会談 | Excite エキサイト : ニュース
 いやさ、よりによって武部氏・冬柴氏っていうのはないンじゃないの?
 武部といえば、国内最初のBSE感染牛が発生した時の農水大臣で、その後のゴタゴタとかそれに伴う大規模な牛肉偽装事件で国の対応のまずさをさらけ出した(その途中でいくつかの軽率極まりない失言があった)上に、大臣を退任するときに「楽しかった」とか言ったアレだよ。
 冬柴といえば、イラク人質事件のときに、「救出に要した費用は関係者が負担すべき」とか言ったアレだよ(日本政府の在外公館の役割ってナンだとおもっているのだろう)。
 なんかとてつもなく相手を怒らせるようなバカな失言とか、逆に何も考えずに場の空気だけで安請け負いのバカ発言とかしてくれそうな予感が思いっきりするんですが。与党を代表して(大統領と会うのだから個人的に行くということはあり得ない)他国の、それもややこしい関係の隣国の元首と会うのだから、もっと上手な対処ができそうな人はいくらでもいると思うのだけど。こういう「失言担当」みたいな人が行くことになるあたり、いくらなんでも思いっきり礼を失してると思うんだが。
 政治家/議員のみなさんこの大型連休中あちこちに外遊(いつも思うがこの言葉ヘンだよな)してるけど、みんなアメリカにばっかり目が向いてて、中国が山拓で韓国が武部って、自民党の考えてることってホントによくわからん。
 
[PR]
by quix-que | 2005-05-06 09:58 | どっちかというと外の話

サラブレッドが経済動物であること

[競走馬誤射]ハンターに3700万円賠償命令 札幌地裁 - livedoor ニュース
 サラブレッドが経済動物であることは百も承知だから、レース中の事故での予後不良による薬殺を「人間の都合/身勝手」みたいに糾弾するセンチメンタリズムに与するつもりはないんだけどさ。この場合は全然話が別だし。
 射殺された3頭の中にはかなりの血統の馬もいたという。まわりの人の期待も大きかっただろう。大事に大事に育ててきた馬。いってみれば「これからの成長が楽しみだった子供が、人違いで通り魔に殺された」ようなものだ。牧場関係者の落胆とか悲しみとか、考えると胸が潰れそうになる。
 トラバ元のニュース記事では「原告の馬に対する評価は一応信頼できる」となっているけれど、たとえば朝日新聞には「弱い馬と見たものが予想外の高値で売れたり、よい馬と見たものがレースで活躍できない、という見通しの誤りなども認められる」として、3頭とも原告の請求額の半額しか認定されていない。
 これね、なんかおかしい。中村畜産が生産牧場なのか育成牧場なのかわからないけど、仮に生産牧場であったとして、牧場にとっての得べかりし利益というのは、馬が馬主に売れる値段であり、それは馬主が馬をどう評価するかによるのであって「よい馬と見たものがレースで活躍できない」という「見通しの誤り」は牧場ではなく買い手である馬主(というか実際にはほとんど調教師)の責任だし、「弱い馬と見たものが予想外の高値で売れた」であればそれは馬の価値を原告の請求より高く評価する理由になっても低くする理由にはならないんじゃなかろうかと。「誤り」ということ自体を問題にするのであれば、それこそ第三者に評価させればすむ話じゃないの?(それとも記事には出てないだけで、客観的な評価はされたのかなあ)

 あちこちで地方競馬が廃止になって、北海道の生産現場は悲惨なことになってる、らしい。この事件だって、期待をかけていた馬がハンターの不注意とやらによって殺されてしまったわけで、それこそ一家離散したっておかしくない話なわけですよ。
 まったく、日本みたいな狭い(いや本当は全然狭くないということは承知してるが)国で、それも北海道みたいなン千万ン億の動物がちょろちょろしてるような場所でハンティングをやろうなんていう了見がそもそもオカシイ、でしょ。どうしてもクマだのシカだの撃ちたいんだったらカナダにでも行ってください。
 というと、「クマが民家を襲ったりシカが増え過ぎたりしたらどうするんだ」と反論があるかもしれないが、あれもギモンなのよ。なんでそういうことを、民間人であり(大部分は)趣味でやってるに過ぎない「ハンター」だの「猟友会」だのがしゃしゃりでて来るんだ?たとえば(いや本当にロクでもないたとえなのは承知で)水の底に沈んだ遺体の捜索のためにそこらのアマチュアダイバーに頼みますか?

 というわけで、タイトルからどんどん話が離れていきそうなのでこのへんで。
[PR]
by quix-que | 2005-04-22 08:03 | どっちかというと外の話

世論からのフィードバックがない国はこうまで筋違いのことを恥ずかし気もなくするものか、と

 前に北朝鮮に関連して、世論からのフィードバックがなされない国の政策はどんどん袋小路にはまり込んでしまう、ってな話を書いたことがあるんだけど(探すのめんどくさいのでリンクしませんが)。
中国、新法王選出でバチカンに台湾との断交を呼びかけ | Excite エキサイト : ニュース
 これなんかまさしくそれだよね。ふつーに考えて、別段カトリックの国ではない、それどころか宗教に対してかなり抑圧政策を取りつづけている中国が、一体全体なにをどう勘違いしたら、バチカンに台湾との断交を求めたりできるんだ?
 別にバチカンには中国の気に入るような振るまいをする義理もなにもないのにね。マジで聞き入れられる可能性があると思ってるとしたら恐ろしい話だけど、多分マジ(つまり恐ろしい話)なんだろうなあ。
[PR]
by quix-que | 2005-04-20 23:28 | どっちかというと外の話

「人間には自ら進んで不幸になる道を選ぶ自由もある」

脱北日本人妻が平壌到着 平島筆子さん | Excite エキサイト : ニュースということなのですが。

いいんじゃないですか? 私の考えはタイトルの通り。でもって、こういう自由さえも許される国に生まれた我が身の幸運を喜びたいと思います。
[PR]
by quix-que | 2005-04-20 19:50 | どっちかというと外の話

反日デモに思うこと—とりあえず現時点での総括

 2ちゃんねるハングル板某スレで「ここでは絶滅危惧種のリベラル」と自称したら、「あなたリベラルじゃないですよ」と断言されてしまったphoqueであります。まあ「国歌歌うくらいは挨拶みたいなもんだから歌うと決められた時に歌わないのは礼儀知らず」「日の丸はデザインがシンプル&シンボルとして何を現わしてるのか明快で好き」と言ってみたり、「大和には群山あれど とりよろふ天の香具山…」を暗唱できると言ったりもしたので仕方がないのでしょうか。子供のころから赤旗読んでて民青で班長してたこともあって二十歳直後ころは選挙のたびに共産党から入党のお願いがきていたヒトなんですけどね、アタシ。人によってはこれを転向とか呼ぶのかもしれませんが、そんなことはとりあえず今はどうでもいいことで。

デモ不参加呼び掛け 中国共産党、緊急開催 | Excite エキサイト : ニュース
デモ規制の報告会を報道 中国各紙、政府の意向反映 | Excite エキサイト : ニュース
大局的に中韓関係打開=首相、岡田氏と党首討論 | Excite エキサイト : ニュース
 これ2ちゃんねる(ハン板じゃないけど)で書いたことなんですが、
中国側の言い分としては、
「日本は第二次世界大戦で中国にひどいことをしたのに、
 賠償も謝罪もしていない上、未だにその時のことを正当化するような発言を
 政治家がくり返している。さらに、国連の常任理事国になりたいなどと、
 まるで戦争のことを反省していないのは明白だ」
ということ。
ちなみに現実としては、
・謝罪はしている(戦後50年の村山首相発言など)
・賠償については日中国交正常化の時に中国側が放棄を宣言している。
 さらにいえば中国には凄まじい金額※のODAを行っている。
・そもそも第二次大戦後の日本はただの1度も国際的に武力紛争を起こしていない。
 そのことこそが、戦争を反省していることのなによりの証拠。
・それらのことが中国人民に知られていないのは、中国政府がl故意に隠した上、
 まるで日本が現在も戦前戦中と同じ社会であるかのようにわい曲した教育を
 行っているから。
といったようなところです。
※について、最近10年だけで1兆円以上、しかもそのうちの1000億以上は無償(返還義務なし)だそうです。

 更に言えば、中国の歴史教科書には、元冦もなければ中越戦争もない、らしいです。歴史上ただの1度も他国を侵略したことのない国だ、と言っているのですが、現実は元冦(まああれはモンゴルだと言われればそうかもしれないが)もあればベトナム侵攻もありチベット弾圧もあり、と、周辺国と摩擦を起こしまくりーの侵略しまくりーの、ではないかと。
 おまけに、です。ベトナム侵攻について、のちにベトナムと国交回復した時に謝罪を求められての答えは、「過去のことばかりに捕われていては未来における健全な関係の妨げになる」と謝罪を拒否してるわけですよ、中国政府は。
 あと、日露戦争についても全然言及がないらしい。まあ日露戦争における日本勝利が完全にフェアなものであったかどうかはさておき(でも戦争における完全フェアってなんだ?)、もし日露戦争というものが存在したことを認めてしまうと、日本国による満州の実効支配が国際法上正当なものであることを認めざるを得なくなるわけで、それは中国にとって非常に都合が悪い、と。
 そんなだからワシントンポストに「歴史をねつ造してるのは中国の方だ」みたいに書かれてしまうわけです(『中国の、都合のいい記憶』みたいなタイトルの記事)。
 自分達はそこまでやっておいて、それで「日本の歴史認識が……」とか言われてもなんだかなあ、ですよ。
--追記。こんなの発見。外交部:今の日本人に侵略の罪は背負わせず 2005/04/20(水) 09:58:58言ってることとやってることが違い過ぎないでしょうかね。

靖国参拝は不戦の誓いと戦没者への哀悼の念=小泉首相 | Excite エキサイト : ニュース
 まあ確かに小泉の靖国参拝が誉められたことだとは思いませんが、でも、あれって日本人のほとんどにとって「目立ちたがりの首相のちょっと軽率な個人的パフォーマンス」(政治的信念でやってないのは、終戦の日ではなく違う日に行ってみたり『初詣』とか言ってみたりという一貫性のなさからも明白だし)程度のシロモノであって、国民の総意とか国としての対外的姿勢とはあんまり関係のない話なわけで、そこから「日本は戦争を反省していない」に結び付ける方が無理矢理でしょ(気分的に面白くないというのは理解できますが)。とはいえ、小泉には、相手に突っ込まれやすい隙をわざわざ作らなくてもいいじゃん、くらいは言いたい気はしますが。
中国、反日デモ規制に本腰 沈静化、首脳会談が焦点に | Excite エキサイト : ニュース
 でもって。この「国内向けにはやけに軽率なパフォーマンスが目立つ」この国の首相は、外向きには「語るべき思想を何も持たない故に何一つ相手と駆け引きができない」という情けない首相であったりするわけですよ。どっちにも共通するのは、中身がないってこと。この首相が中国と首脳会談なんて、空恐ろしいことです。せいぜいが平壌宣言並か、場合によってはそれ以下の、名をとれたかどうか微妙な上に実は全部取られちゃうようなしょうもない言い包められ方をして、国際的には失笑を買いつつ本人だけが得意げに「小泉政権でなければできなかった」とか胸はって帰ってくるっていう目も当てられない結果しか招かないのは目に見えてるわけで。
 とはいえ、これ↓はどうよ。
中国は、国として謝罪し賠償すべき=反日デモで自民幹事長代理 | Excite エキサイト : ニュース言ってることは原則論というか理想論では間違ってないし、心の中で「よく言った」と快哉を叫ぶ人や溜飲を下げる人もいるのだろうけれど、でもねえ。なんか法治原理主義というか理想論すぎて、まるで学級委員の作文みたいだ。まあ小泉の次の再有力候補としていいとこ見せたいのだろうけど、言うだけなら簡単なんだよ言うだけなら、と(外務官僚をかばうわけではないが)言ってやりたくなるようなしらじらしい“正論”ではあるまいか、これは。実効の伴わないこういう発言がもてはやされて「よくぞ言った」とか言ってる人が多数を占めてるようじゃ、この国はあの熱狂的だったけど結局は何も産まなかった小泉フィーバーをくり返すだけだと思うぞ。どう思うそこんとこ>「よく言った」とか言ってる人。

 閑話休題。でもね、この件で一番恐いのは、そうまでして現在の日本を「侵略戦争をこれっぽっちも反省していない反平和的国家だ」と決めつけて『仮想敵国』にしないと国内的に安定しない、という中国の現実と、さらにそれを初等教育から徹底的に叩き込むことで10億以上の人間にとっての「証明するまでもない真実」にし得てしまっていること、なんですね。
 1億人の考える「真実」と10億人の考える「真実」とが摺り合わせ不能なくらいに食い違っていた場合に、果たして1億人の考える真実にどれだけの人が本気で耳を傾けてくれるのか、そのことを考えるとちょっと厳しいものがあります。今はまだ、真相がどうなのかを知って客観的に判断する第三者(欧米とか)があるからいいけど、この先今の状態が続いたらいつ「10億人にとっての真実」が「1億以外総てにとっての真実」になってしまうかわからないし。

 それにしても、あのデモの光景を見て、あんなに民度の低い国が常任理事国であることに頭を抱えた国が大部分であって欲しい、とか考えてしまった自分がちょっと悲しいです。

---4/22 ちょっといいわけがましい追記など
 ええとちなみに、私個人は小泉の靖国参拝には賛成してません。上の方にも、突っ込まれるような隙は作るなと書いてますけど。なんかね、見通しが結構独りよがりじゃないですかこの人。他人の思惑とか全然想像できないというか。マジで、自分の行動が誰かを怒らせるなどということにまるで意識が及ばないタイプなんじゃないかと(ある種の自閉症に見られるような)。少なくとも、政治家として国益のことを考えるのであれば、参拝なんてやる必要のないこと(やらなかった首相がそのことで責任を問われたことなんかないでしょ?)なんだからやらずにいればいいんですよ。どうせどこかの誰か向けのパフォーマンスなんだから(再度書きますが、政治的信念でやってるわけじゃないことは明白)。首相という立場でなければどこかの誰か向けのパフォーマンスも結構だけど。
 いやまさか一国の首相ともあろうものがそんなに馬鹿な筈がない、他国との摩擦がおきようとも敢て自らの政治的信念のために靖国参拝は続けるべきだ、と思う人もいるかもしれないけど、甘い。それはMade in Thailandの缶入りレモンティーくらい甘いぞ。
 
[PR]
by quix-que | 2005-04-20 13:54 | どっちかというと外の話

フラストレーション

 ひさしぶりに「麻まで生テレビ」を見た。ひさしぶりといっても、ほぼ毎回最初の10分くらいは見ているのだが、一時間以上しっかり見たのはひさしぶり、という感じ。
 で。なんかすごいフラストレーションがたまっていくのが自分でもわかったんですが。理由は司会者があまりにひとりよがりってことでしょう。一体全体なんなんだろう、あれは。パネラーの誰かが話をする。その話が核心に迫ってくると、司会者が無理矢理割り込んで話を元にもどしてものすごく初歩的な質問をして、話の流れはブチ壊し。そこからまた別のパネラーが話しだしてそれがまた大事なポイントにさしかかると、また無理矢理割り込んで話を元にもどして前提となっている部分の基本的な認識について初歩的な質問。このくりかえしで、いつまでたっても話は核心に届かない。
 あそこまでくると「老害」としかいいようがないよね(あるいは『認知症』か?)。本人は未だ自分を第一線のジャーナリストだと思っている。(頭のよい)自分に理解できていないことは(自分ほど頭がよくはない)一般視聴者には当然わかっていない筈だから説明を求める、っていうことなんだろうけれど、でも、はっきり言ってそれがわかってないレベルの人は朝生なんて見ないでしょ?と思うような、ホントに見ている方がイライラするくらい「ものわかりの悪さ」を露呈するだけの頭の悪い質問だった。
 田原氏にさえぎられて尻切れになったあたりの話が、自分の知りたかったあたりなんだよなあ。だから、なんかもういたたまれないくらいにフラストレーションがたまってしまって、見ているのが辛かった、
 まあそれでも、元オンザエッジの人とかナントカ事務所の人(名前忘れた/ちょっと若い人)とかの話はなかなかに面白かったです。一番見苦しかったのは(司会者をのぞけば)デーブ・スペクターかな。
 
[PR]
by quix-que | 2005-04-02 07:31 | どっちかというと外の話

まっ先に浮ぶのは「本末転倒」というコトバ。

仏滞在者は先送り 献血禁止、まず英国から | Excite エキサイト : ニュース
 自分はたぶん(というか間違いなく)もう二度と献血をすることはないであろうと思うので、関係ないといえばないのだけれど(とはいえ自分が輸血をされる立場になることはないとは言えないのでそうそうヒトゴトでもない)。
 国内での新型(『変異型』と呼んでいた記憶があるのだが気のせい?)クロイツフェルトヤコブ病の発生をうけて、英国滞在経験者の献血を制限する、というオハナシなのでありますが、当初「1980−96年に英仏いずれかに1日以上滞在した人の献血禁止」という方針だったのが、特に海外旅行者の多い都市部において献血できない人が増えて輸血用血液の在庫が半年でゼロになるという見通しのために、当面フランスについては「1ヶ月以上滞在」に条件を緩和する、ということだ。

 つまり、「血が足りなくなると困るから、当面安全性には目をつぶって献血オッケー」ってことだよね。

 もちろん、輸血を受ける人っていうのはそれがないと命があぶないから輸血を受けるわけで、その意味で「他に食べるものがある」牛肉と同列に扱えないのは分かるんだけどさ、でも、これって「肉が足りなくてこまるから当面安全性に目をつぶって米国産牛肉輸入再開」というのとロジックとしては同じなような気がする。

 こういったらナンだけど、危険部位を取り除いた牛肉と、輸血された血液のどっちが感染力が強いんだろうか、でもって、異常プリオンを含む牛を食べた場合の潜伏期間や発症可能性と、感染した人間の血液が輸血sれた場合のそれとはどう違うんだろうか、ってね。
[PR]
by quix-que | 2005-03-31 18:23 | どっちかというと外の話

よーくかんがえよう 

ソフトバンク孫社長がフジとの提携示唆 | Excite エキサイト : ニュース
 ええと。北尾さんやら孫さんやらの言ってることをそのまま受け取ると、どうしてもわからないことがあるんですよ。それはですね、

いったいどういうメリットを求めてフジテレビ株を借りるのか

ってこと。何のメリットもないのにそんなことしないでしょ?普通に考えて。でも、提携は(少なくとも今は)しないわけだ。
 わかんないよ、孫さんの言ってること。「メリットがあり、機運が盛り上がれば考える」って、今は「機運も盛り上がってないしメリットもわからないから考えてない」ってことでしょ? なのになんで株借りるわけ?

 なんか絶対にウラがあるに決まっているんだけどなあ。マジで3年とか5年とかたってから振り返って、
「ああ、あの時が『フジテレビがYAHOO! TVになる分岐点』だったな」
という、そういう場面なのかもしれないし。

 
[PR]
by quix-que | 2005-03-27 23:45 | どっちかというと外の話

デビッド・カヴァーデルさんが昔言いました。

多くのドイツ人が「ベルリンの壁」復活を望む | Excite エキサイト : ニュース
ホワイトスネイクのデビッド・カヴァーデルさんがその昔、雑誌のインタビューに答えていわく、
「ベルリンの壁の崩壊を『自由を求める民衆の魂が勝利した』と捕らえるのは間違い。要するに『食べるものがない生活はいやだ』とかそういうことだよ」
みたいな。

いやまったくその通りでもって、結局は人間はパンのありかによって考えを左右される面が非常に大きいってことですね。引用記事の件だって、要するに西は「東を背負わされたせいで負担が重くなった」こと、東は「西並の生活水準が自動的に得られると思ってたけどそう簡単ではなかったこと」でお互いに不満持っちゃったわけですね。
[PR]
by quix-que | 2005-03-27 23:36 | どっちかというと外の話

自分の思うところと世間の思うところとの乖離に、何か思うところはないのか?

タモリ、倉本聡氏ら番組降板申し入れ | Excite エキサイト : ニュース
 ええと。
 いやもうこの問題は言い尽くされてる気がしないでもないんだけれどさ。
 このヒトたちは何をしたいのか全くわかんないです、あたしゃ。だって、「番組降番」で一番悲しむのは、ホリエモンではなく、この人たちが常日頃「大切」だとか公言してる「リスナー」なわけでしょ?でもって、「リスナーを悲しませるようなことをするな」と降番をちらつかせるっていうのは、それって人質とって脅してるのとどこが違うの? これを卑怯以外のどんな言葉で濯わせるというのだ。
この件、芸能人裏情報-ゴシップ ナイナイ岡村が「ライブドア支配を理由としての降板」を批判がかなり正鵠をついてるというか、岡村えらい!都思ったのであります。

 なんかね、こういう人気商売だったり、世間の動向に敏感だったり流行を作り出してたりしてる(と本人たちは思ってる)人たちの感覚が、市井のイパーン人の感覚とズレまくっちゃってることについて(実際にライブドアを支持する声は少なくないわけだし、しかもソフトバンクの介入によってこれで判官びいき的にライブドア支持にまわる人は増えるだろうと思われる状況)、一体どういうふうに考えているんでしょうかね。大衆は愚かで本当のところがわかってない、自分達の方が正しい、とでもいうんですかね。

 よりによって、誰よりも大衆をせっせと愚かな方向に啓蒙(なんだそれ)してたフジサンケイグループの子飼いのくせにね。

追記
ニッポン放送はいびつな会社だ。社員数や売上げなどの規模に比して役員の数が多すぎる。公の記者会見で「ずるい」なんて子供のダダみたいなことを平気で口にする経営者感覚皆無のDJあがりが社長やってるような会社だ。
「フジサンケイグループから分離させられるのだったらやめる」とかほざいてる皆さん、とっととやめなさいね。上の人間が代わるからって仕事ほうり出して辞めるって、それのどこが「リスナーに対する愛情」「ラジオに対する愛着」なんだ? 正直に言えば?「フジサンケイグループの社員であるということがアイデンティティです」って。
[PR]
by quix-que | 2005-03-25 20:42 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

人気ジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索