カテゴリ:どっちかというと外の話( 122 )

ホンネのところが聞きたい。

非常に残念でたまらないことは、山本一太が参議院議員通常選挙で落選しなかったことだ。

だってさ、山本一太は、「安倍さんでなければ参議院選挙は戦えません」と熱弁していたわけだよね?ところがどっこい、安倍内閣は馬脚の現しっぱなしで(というか馬の脚は4本しかないはずなのだが、一体何回馬脚を現せるのだろうか)内閣支持率は25%を切り、単独過半数どころか第一党からも転落する始末。いったいあの「安倍さんでなければ」の発言について、山本一太は今どう考えているのだろうか。ぜひ聞かせてもらいたいものだと思う。

でもって。今の状態で衆議院解散ってことはないと思うんだけど。ここで安倍内閣が起死回生のテを打つとしたら、もう北朝鮮にミサイル撃ってもらうくらいしかないと思うんだわ。まあまさかいくらなんでも安倍ごときの政権維持のためにそんなことまで期待してる人はいなかろうと思うのだが、しかし本当にミサイル発射→安倍ちゃんが対北朝鮮の威勢のいい発言→チーム世耕出動→「やっぱり安倍政権でないと日本は守れません」になりそうな気はする。実際のところ安倍ちゃんは、対北朝鮮でも「威勢のいいことを言う」だけでなんら実効的な手はうってないんだけどね。

そこらへんについても、ちょっと聞いてみたい気がする。たとえば拉致議連の人とかに。
[PR]
by quix-que | 2007-08-05 11:37 | どっちかというと外の話

アメリカはソマリアで何をしたのか

調べれば調べるほどひどい話だと思うのだけど、たまたま調べた中にあった「ブラックホークタウン」関係の話題では「確かに多国籍軍はアメリカが中心ではあったけど、あの戦いは実質的には国連PKO対ソマリア民兵だった」とかいうのがあって、どんだけお前らアメリカのヨタを信じてるんだよ、と思った。
今だってアメリカはエチオピアを裏であやつってソマリアを攻めさせてるようなわけで。なんでそんなにソマリアをボロボロにしなきゃいけないんだろうか。
[PR]
by quix-que | 2007-04-29 23:31 | どっちかというと外の話

だんだん陰謀史観みたくなってきてないか

 去年の日経新聞による富田メモで、「昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感を抱いて、靖国参拝をとりやめた」ともとれる内容があった時、結構な数の人が、「それは昭和天皇ではなく別の人、たとえば徳川侍従長の発言だったのではないか」という疑問を持ったと思う。たしかにあの文脈からは、天皇の言葉だと特定できるだけのものはなかったと思うし、私も、誰か他の人の発言だったのに天皇が言ったことに(おそらくは日経が記事にする段階で)されちゃった可能性もあるよな、と思ってた。
 でもって今回の卜部侍従の日記。こっちはかなりはっきりと、発言者が昭和天皇と特定できるような形で「A級戦犯合祀に対する不快感」が綴られている。
 たまたま目についてて覚えてるんで例にあげるけど、勝谷センセは日経の記事が出たとき、「これは昭和天皇の言葉だとはどこにも書いてない」とかなり強くいってた。それが今回の卜部侍従の日記では、「本人が死んだあとでこういうのを公表するのはいかがなものか」とかなりトーンダウンしてた。(朝日の記事によれば、卜部侍従はいつか公開することを前提として朝日の記者に日記を託したってことになるので、いかがなものかもなにも本人の希望だってことになっちゃうのだが、まあそれもアンチ朝日の人にとっては「どうせアカヒのねつ造」ってことになるのだろう)
 
 で、たまたまさっきこの件についてぐぐったら、結構な数の人が、「卜部日記は富田メモをただ写しただけ」とか「卜部と富田が裏で通じていて、なにがなんでも『天皇がA級戦犯合祀を不愉快に思っていた』ことをでっちあげようとしてる」とかいうことを書いてる。富田メモが表に出た時点で卜部日記が手元にあったのにそれに言及しなかった朝日も怪しい、というのもたくさんあった。
(ここで「あれ?富田メモに書いてあったのは天皇のことじゃなったんじゃないの?富田メモは天皇じゃない人のことで卜部日記はそれとは関係なく天皇のこと、だと考えればいいんじゃないの?」とツッコムのは可)

 いや、それこそ、なにがなんでも「昭和天皇はA級戦犯合祀に不快の念は抱いていなかった」ことにしたいというか、「アサヒ等の売国メディアが『昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感を持っていた』ことにしたがって曲解や捏造を行っている」ことにしたいというか、そんな感じ。

 先に「昭和天皇がそんなことを言ったはずがない」という結論ありき、だからじゃないのか、それ。捏造であると主張する根拠って「アサヒだから怪しい」くらいしかないような気がするんだが。
[PR]
by quix-que | 2007-04-28 14:15 | どっちかというと外の話

情報量の少ないニュースだな。

一部の非営利法人を例外に 自民、天下り規制で対案
その「一部」ってのが、具体的にどういうところなのか、それを一例でいいから出してほしかったのであります。ホントこれじゃニュースとして情報量少なすぎ。

ま、それはさておき。これもmixiにいっぱい書いちゃったことなんだけど。

個人的には、そもそも同期のうち誰かが高いポストについたら他の人は(どんなに有能でも)退官しなきゃいけないシステムっていうのがちょっとヘン、と思うのだが、そこには当面手をつける気はないらしい。でもって、はみ出しちゃった人の受入先を官庁が探して送り込む、これが天下りなわけで、なんで自分でハロワとか求人広告とかで探さないで官庁が探すのか、という点もかなりオカシイとは思うのだが。まあ優秀な人間だったら在職中に関係のあった会社から引き合いがあったとしても不思議な話ではないし、能力のある人がそれを活かせる職につくのであれば世のため人のためになることでもあり悪いことではないとも思う。だから天下りが全部ダメ、というのは現実的な選択肢じゃないよな。
しかし、だ。はみだしちゃった人の受入先を、各省庁でやるんじゃなくて官庁全体で一本化してやる。それもわざわざそのための組織を作って税金で運営する、っていうのは、どう考えても納得のできる話ではない。
さらに。前述のとおり天下りといっても害ばかりではない、とはいえ、たとえば官庁の側がOBが天下った先に対して便宜をはかる、なんてことはあってはらないこと。にもかかわらず、(天下った人間が在職中に関与していた事例を除き)たったの2年たてばそれが解禁になる。

なんかさあ、なんのためにやってるわけ? 新しい天下り先を開拓するため以外のことが考えられないんだが。

誰か私にもわかるように説明してくださいませ。
[PR]
by quix-que | 2007-04-10 19:02 | どっちかというと外の話

本末転倒^2

<自民総裁選>安倍氏支持が半数⋯一強状態に拍車 県連調査 | エキサイトニュース

そもそも、政権を維持することの目的というのは、実現したい目標というのがあってそれを実現するために政策を行うため、であるはずなのだが、自民党のばあい、かなり前から、政権を維持し続ける(=選挙で勝つ)ために政策を決めている、という側面が強い、というかほとんどの政策がそんな感じで、本末転倒だなぁと思っていたわけなのだが。

今回の総裁選はさらにすごい理屈になっている。福田氏が降りて(降ろされて)安倍氏独走状態になったら、「総裁選が盛り上がらないと世間の注目が薄れる」という理由で「有力な対立候補を出そう」という動きがあるんだと。しかも、その「世間の注目が薄れる」とナニがまずいのかというと、「自民党に対する興味が薄れると次の国政選挙が危ない」からなんだそうだ。
総裁選って、自民党のかじ取りする人を決めるためのものなんじゃないの?
[PR]
by quix-que | 2006-07-28 08:20 | どっちかというと外の話

なんかヤなことが起きている予感

川岸近くに子どもの遺体 服装一致、不明男児か | Excite エキサイト : ニュース
さっきテレビのニュースでやってたんだけど、画面では川をボートで捜索してたからてっきり水死体でみつかったのかと思ったら、道路脇だということで、がぜん事件性が出てきたんだけど。
小1男児が帰宅せず 2軒隣の女児が4月に水死 | Excite エキサイト : ニュース
でもってそのニュースでもちらりと触れていたのが、4月に女の子が行方不明になって水死体でみつかった事件というか事故、あの女の子の家とこの子の家が近所で、現場もちょっとしか離れていないらしい。女の子の方は事件性は薄いというか過って川に落ちたということに一応なってたと思うけど、こうなるとなんというかちょっとヤな感じがする。
[PR]
by quix-que | 2006-05-18 21:00 | どっちかというと外の話

いったい貴方達は日本をどういう国にしたいのか。

「首相そんなによくない」 安倍長官らに首相が忠告 | Excite エキサイト : ニュース
つくづく思うんだけど、いわゆる「麻垣康三」という人たち、この人たちは、日本の国がこれからどうなるべきなのか、どういう国を作ろうとしているのか、そのビジョンを語らなさすぎだと思う。
たとえば安倍晋三、この人なんか国民的人気は高いけど、対北朝鮮強硬派というか、いわゆる特定アジアに対して強気の態度であること以外に、いったいどういうビジョンがあるのか、寡聞にして私は耳にしたことがない。⋯⋯という話を多分1年くらい前にもこのブログで書いたと思うが、その後も全く状況は変わらない。まあ官房長官という立場は個人的な政治的信念を口に出し難いというのは理解できなくもないんだけどね。
でもって。安倍応援団を名乗る山本一太。<森前首相>山本参院議員呼び、事情聴く 安倍氏支援で | Excite エキサイト : ニュースこいつ、バカ?個人的にはコイツはタイゾー議員以上のバカで日本の国にとっては毒にしかならないので早く議員辞めてくれと思う。口を開けば小泉に対するご追従ばっかりで自分のビジョンなんてまるでない。でもって安倍を応援するのも、ただただ「安倍さんでないと自民党は選挙にまける」だのという理由であって、政治的な理念とか信念とかいうところからはおおよそ懸け離れたところにいる。政権政党でありつづけることのみが自己目的化していて政治的ビジョン皆無の今の自民党を象徴するような議員だと思う。

で、その対北朝鮮強硬派である安倍晋三との差別化を謀るかのように、福田康夫が最近外交面でいろいろ動いているのは、穿った味方をすればただその「差別化」の一点に的を絞っているような感じでもある。近隣国との関係修復は大事なことで積極的に取り組むのはとてもよいことなんだけど。
谷垣と麻生の二人については、もうどうにもこうにも小物感が強い。谷垣は税金の無駄使いを見直す前にまず増税をとか言ってる時点で政治家として信用に値しないと思うし、麻生も近隣国の神経を不必要に(←ここんとこ重要)逆撫でするような言動が多いのは指導者として失格(つっても小泉とどっこい程度だけど)。

いまたまたまテレビ見てたら河野太郎が年金について話していたんだけど、年金制度の抜本見直しで給付水準を確保するという前提のものであれば、消費税が上がることについては容認する人が多いんじゃないかと思う。まあ、それってまさしく、小泉提唱の「小さな政府」じゃなくて、北欧型の高負担高福祉型の大きい政府指向なんだけどね。
[PR]
by quix-que | 2006-05-14 12:50 | どっちかというと外の話

単純にしんじていいものか(mixiと同文)

「小学校のころから殺意」 山形・一家3人殺傷事件 | Excite エキサイト : ニュース
<山形3人殺傷>伊藤容疑者「性的嫌がらせのいじめ受けた」 | Excite エキサイト : ニュース
加害者は、被害者の覚さんに小学生のころ性的なイジメをうけていた、
その恨みが今回の犯行につながっている、と供述しているようだけど。

これ、鵜のみにしちゃまずいと思うよ。
加害者と被害者の年齢差は3歳。その差で、小学生で、男どうしで、
「性的なイジメ」というのがどうにも想像し難い。
(あり得ないとは言わないけど)
朝日新聞によれば、無理矢理裸にされるなどのことがあった、
というような話なんだけど、それって「性的」なイジメなの?
(いじめられた側がそうだと主張すればそうなってしまいがちだけど)

なんとなく、あくまでもなんとなくだけど、この加害者、
「死人に口なし」とばかりに、覚さんを人非人に仕立て上げ、
自分がやった殺人にある程度の正当性を持たせようとしてるような
気がどうしてもしてしまう。
性的イジメによるトラウマなら、十何年ものあいだ恨みが募っても
仕方ない、と周りが思ってくれることを期待しているというか。

(幼少時に性的虐待を受けた人間はトラウマを抱えて成長する、
 なんていう単純な図式にはとても納得できない)

小学生のころ、覚さんがイバっていて加害者をパシリにしたりとか、
多少のイジメがあったのは事実なんだろうと思う。
だけど、恨みの感情を十年以上も募らせ人を殺すようなものになるのは、
加害者が異常だからに他ならないでしょ。
私には、原因はイジメなんかじゃないように見える。
自分は陰気で冴えない大人になったのに、
覚さんは自分よりずっと幸せそうで、しかももうすぐ結婚、
それもハワイで挙式、なんていうのを見て、
自分の不幸な境遇が全て覚さんのせいでもたらされたのだと思い込む、
というか、そう思うことでしか自我が保てなかった、のではないかと。

自分がこうありたいと思う姿と現実の自分との間のギャップを
自分で消化(昇華?)しきれずに誰かのせいにしたがる人が
最近目立つ(増えてるとは敢て言わないが)んだけど、
この事件も結局はそういうことではないかと思う。
[PR]
by quix-que | 2006-05-11 20:51 | どっちかというと外の話

「小さな政府」なんて税金安くなる以外になんのメリットもないのに

改革指南役も展望描けず 格差批判で竹中総務相 | Excite エキサイト : ニュース
再三書きましたが、「小さな政府」というのは、要するに税による所得の再分配機能すなわち格差の是正を、放棄するというのと同じ意味のことなわけで。それでもなんらかのメリットがあるとしたら、それは「税金が安くなる」ってことくらいしかないわけで。
小さな政府を標榜しつつ増税を既定路線とするような「改革」が認められると思ってるというのは、どこまで国民舐めてるんだよ。
[PR]
by quix-que | 2006-05-07 12:32 | どっちかというと外の話

実効支配の重み

もともと社会的政治的な話はこのブログに書いて、mixiの日記では茶々入れとかツッコミとか個人的なこととかを書こうと思ってたのに、最近その区別がなくなって、というか全部mixiに書いてたので、少し軌道修正しようかな、と。というわけで、このニュースから。
測量船は撤収、東京へ 竹島周辺調査中止で | Excite エキサイト : ニュース
正直な話、竹島問題に関しては、日本はかなり分が悪いと思ってる。
2ちゃんねるだのマンガ嫌韓流だのでは、「竹島が日本固有の領土であることは史料などからも明白であり、出るところへ出れば日本の主張が当然に認められる。それがわかっているから、韓国は『そもそも韓国の領土であることは自明であるから出る必要がない』として、出るところへ出ることを拒んでいる」というような見解が当たり前になってるわけなんだけど。
そんなに単純な話じゃない、と思う。確かに私も、史料的な裏付けから言ったら日本の主張に分があるだろうと思うし、韓国側の「自明だから確かめるまでもない」みたいな物言いには非常に卑怯かつ非合理なものを感じるのだけれど、それでも、過去数十年にわたる実効支配---現地に韓国領土であることを示す標識があることとか、軍隊が巡回していること、接岸施設を作り韓国側のみが上陸できる、というような状況の持つ重みというのは、おそらく嫌韓ムードに流されている多くの2ちゃんねらーが考えるよりもずっとずっと重いと思うのだ。現実問題、仮に国際法廷へ持ち出されたとして、現実的な落し所としてはこの実効支配が決め手となる可能性はかなり高いと思う。
ちなみに、対馬の血が半分流れている自分にとっては、↑みたいなことは(こういうことを書くと2ちゃんねる的には「自虐史観に毒されている」とか「くそサヨ乙」みたいに言われがちなんだが)ホントはかなり腹がたつ。ゴネ得を許すのは嫌だ、というのもあるし、何よりも、「自分側の主張は論証するまでもなく「明白なこと」であり、それに反する主張は「真面目に検討するに値しない妄言」という韓国側の決めつけというのが何よりも我慢できない。社会通念にしても常識にしても理念にしても、歴史的事実でさえ、立場が変われば一つではない、それは近代的思想においてはごく当たり前のことなのに、あの国は国をあげて、そういう考え方さえ(意図的なのかイノセントなのかは別として)存在していない状況というのは、どうにもこうにも堪え難いものがある。
というか、目先の問題として、今回の交渉の決着だって、日本側は「韓国側が『6月の海底地形の会議には独自名称を提案しない』と譲歩した」と言っているが、毎日新聞<竹島問題>衝突回避 土壇場一転決着 | Excite エキサイト : ニュースによれば、単に「適切な時期に提案する」と言ったのみで、「6月に提案しない」と明文化されてはいないそうだ。どうも6月になったら韓国側が「適切な時期であると判断した結果提案することにした」とかやらかしてくれそうな気配濃厚なんですが。
[PR]
by quix-que | 2006-04-23 10:16 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 11月
2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索