カテゴリ:スポーツ話( 64 )

not only~ but also~

(タイトルには意味はありません)

出入り口に「~only」って書いたら、それは「~しか入れません」「~以外立ち入り禁止」の意味でしょふつう。
あれが「日本人だけで試合してます」とかの意味だと強弁する人は、お店のドアとかにある「staff only」の札を見て、「ああこの店はスタッフだけで運営してるんだな」と思いますか?

外に向けて発信することは「どう見えるか」がすべてです。そして、外に向けて発信した以上、見る人は、発信した側の意図を斟酌してくれる人とは限らないというか、そうではない人のほうが多いわけで。
そこらへんの想像力が決定的にかけている人が、声の大きさにものを言わせていろいろやらかしているというのが、外交から何からいろんなところに出てきちゃってるのが今の日本なんだろうなあ、と。
[PR]
by quix-que | 2014-03-10 10:03 | スポーツ話

せきもとぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ

関本がヒーロー!猛虎にM25が再点灯??livedoor スポーツ
「阪神7-5巨人」(29日、甲子園)
 強い阪神が、巨人に引導を渡した。大事な3連戦初戦に勝ち、優勝マジック25を点灯させた。ヒーローは恐怖の6番、関本賢太郎内野手(30)だ。初回、林の先制打に続く2点打。五回にも二死から適時打と、勝負強さを存分に発揮した。相手投手を震え上がらせるセキが、チームを加速させる。(以下略)

阪神タイガース公式ファンクラブの会員証には、会員番号のほかに好きな番号を指定できることになっている。自分の場合、今年はたまたま28なのだが、去年は3にしていた。来年も3になる予定。mixiでも「関本一押し」コミュに入っていて、要するに、現役選手の中では関本が一番お気に入りなのだ。
大型内野手で長打力もそこそこあるはずなのに、阪神のたくさんいる内野手(鳥谷とか藤本とか秀太とか平野とかいろいろ)の中でも地味なほうで、いままでもシーズン後半になるとレギュラーをつかみかけるのに翌年キャンプインすると振り出しに戻るというパターンが毎度繰り返されて(そのせいで本人がトレードを直訴したり契約更改の場で泣いたりといろいろあった)、やっと今年レギュラーになったと思ったら、大型内野手なのに2番でバント職人。あまり覇気が感じられないルックス(まあこれは今岡も似たようなものだと思うが)といい、どこまでも地味で目立たない(大型内野手なのに)かわいそうな関本。
それがオールスター前ごろから、あきらかに変わった。独走態勢の中で早くも「MVPは誰だ」とかいう話が出ていたときにもまったく名前が出てこなかった関本が、お立ち台に立つ回数が増えた。なにしろチャンスに強い。何年か前にも規定打席不足ながら3割打ったことはあったけど、その時よりもあきらかに勝負強い。何がおきたのだろう。もちろんファンとしてはうれしいが、今の勝負強さはなんだかちょっと怖いものを感じる。
気が早いとは思うが、阪神は少なくともクライマックスシリーズには出れるだろうと思う。で、こういうポストシーズンマッチ、勝敗を決めるのはいわゆる「シリーズ男」の存在ではなく、「逆シリーズ男」すなわち「レギュラーシーズンでは好調だったのに、ポストシーズンの短期決戦になると突然まったくあたりが止まってしまう選手」を出さないこと、というのが古田敦也元ヤクルト監督の言葉なのだけど、どうも関本はその逆シーズン男になってしまいそうな気がしてならない。

杞憂ならばいいんだけどね。
[PR]
by quix-que | 2008-08-30 16:12 | スポーツ話

連帯責任とかそういう問題ではなく。

<夏の高校野球>桐生第一の出場認める…高野連 | エキサイトニュース

高校野球は「教育の一環」として行われているということ。
スポーツはルールにのっとってフェアに行うべきであるということ。

報道によれば、逮捕された生徒は黒尽くめの服装に黒い帽子で駅で女性を物色しているところを職務質問されたのだという。近辺では同様の事件が何件か起きており、常習の可能性も強く疑われている。要するに、出来心とか衝動とかそういうのではなく、意図的、計画的であるということ。

高校野球が教育の一環として行われているということ。
スポーツがルールにのっとって行われているということ。

親も、学校も、部活も、彼にルールを守ることの重要さを教えることができなかった。
人として最低限度の遵法精神というか、人間として社会の中で生きていくためのルールが、この生徒にはまったく身についていなかったのだということの意味を、もう少し重く考えるべきだと思う。

なんかあの校長の会見とかってそういう部分がおかしいというか、自分も被害者みたいな感じになっててそれはちょっとどうなのよ、と。
[PR]
by quix-que | 2008-08-02 10:30 | スポーツ話

くるべきものがきた。

井川は事実上の戦力外 ヤンキースの40人枠外れる | エキサイトニュース

というわけで、井川です。なんかスポーツ紙だと「マリナーズ入り?」みたいな話も出ているようですが。

松井もひざの手術をするしないでゴタゴタしているみたいだし、仮に復帰したとしてもどこで使うか、結構悩ましい問題のようです。

ヤンキースのファンはいまごろ「もう日本人はいらない」と思っていたりするのではないだろうか。
[PR]
by quix-que | 2008-07-27 13:56 | スポーツ話

いなくなったのかと思ってた。

井川が大リーグ昇格 1カ月半ぶり、今季2度目 [ 06月28日 09時46分 ]
すぐ下で御大のお話のついでに井川に言及したら、思い出したように井川がメジャー復帰です。

しかしマイナーでこの成績で、メジャー上げてちゃんとやれるのか?またすぐマイナー逆戻りとかってことになるんでないの?でもって秋にはいいかげんに愛想をつかしたヤンキースから放出、楽天あたりでひっそりと日本球界復帰、とかいう話になりそうな気がしないでもないのだが。

--追記--
とか言ってたら、本当にすぐまたマイナー落ち。本当に来年は楽天で投げてるんじゃないだろうか。
[PR]
by quix-que | 2008-06-28 12:34 | スポーツ話

小さすぎるニュース

藪、適時打浴びる インディアンス戦 [ 06月26日 11時01分 ]

私以外の誰がこんな小さいニュースにトラックバックしようなんて気になるだろうかw。

というわけで、藪御大です。ほとんどニュースが伝わって来ないのですが、時々新聞のすみっこに載ってるのを見ると、そこそこ仕事はしているようです。たまたまこの日は打たれてるようですが、ちゃんとメジャーで(マイナー落ちすることもなく)仕事してるっていうのは嬉しいこと。でも、松坂のおこぼれで話題になる(チームが強いのもあるが)岡島と違って、オフに日本に戻ってもなにも話題になりそうにないんだよね。あの美声が聞けるのはいつになるのだろうか。

何より御大、やっぱりジャイアンツのユニフォームは似合わないわ。御大には縦じまが似合うと思う。

でもって、縦じまのチームに入団したはいいが思いっきり期待を裏切り続けている井川は今頃何をしているんだろうか。

追記:
昨日の朝、多分「めざましテレビ」だったと思うけど、御大の美声が久々に聞けました。内容は上記の登板に関して「たった2球じゃあねえ」というニガワライでしたが。しかし御大若々しい。
[PR]
by quix-que | 2008-06-26 14:00 | スポーツ話

暗いイメージ

名作マンガ「キャプテン」実写映画化
少年マンガ、とりわけ野球マンガが好きな子供だった私は、当然キャプテンもプレイボールも読んでいたんだけど。
なんかこのマンガには、どことなく暗いイメージがあるんだよね。スポーツマンガ特有の突き抜けた明るさとは無縁の、なんというかいじましく暗い感じ。作者が自殺してるってこともあるのかもしれないけど。

ナインを演じる少年たちは野球のオーディションを受けたのだそうで。いや常々思ってたんだけど、野球ドラマなのになんでこんな野球へたなやつが選手役なの?と思うことが多々あって(一番ひどかったのが「木更津キャッツアイ」のバンビ役の櫻井翔かな/ジャニーズには亀梨とかもいるのに、とか思った)、子役とか児童劇団とかやらせる親ってスポーツはやらせないのかな、とここでもちょっと社会の縮図めいたものを感じてしまったりして。

それにしても。うちの近所には小学校があるんだけど、体育の授業でグラウンドでキャッチボールしてる小学生、昔だったら「女投げ」と馬鹿にされてそうな投げ方の子が圧倒的に多いんだよね。多分親とキャッチボールしたことなんてないんだろうな。やっぱり野球の将来は暗いのかも。
[PR]
by quix-que | 2007-04-19 12:59 | スポーツ話

「大御所の道楽」に振り回されたひとたち。

欽ちゃん泣いた⋯茨城GG解散へ | エキサイトニュース

前にこのブログのどこかに書いたんだけど、私は欽ちゃん球団というか、茨城ゴールデンゴールスが好きではない、というか嫌いだ。
だってさ、たかだか大御所芸人が道楽で作ったチームなのに、やれ入団テストだのキャンプインだの本拠地だのって、プロ気取りではしゃいでて、しかもなぜか知らないけどマスコミも、あたかもプロ野球改革の一端を担ってるかのごとくニュースのネタにするし。
こんなもんニュースにするくらいなら、四国アイランドリーグをもっと取り上げてやれよ、と「欽ちゃん球団」という言葉がテレビから聞こえるたびにイライラしていた。

⋯っていうか、うがった見方をすれば、テレビに出る機会のめっきり減った大御所が、テレビ界にしがみつく手段として、たまたま「野球」というオイシそうなネタがあったものだからそれに飛びついた、という風にも見えなくない。

で、これでもうはっきりしちゃったよね。所詮「大御所の道楽」に過ぎなかったんだってことが。本当に野球が好きだったら、こんなことでチームを解散したりはしないでしょ。どう見ても、「飽きた(または『思ったほどオイシくなかった』)から、問題が起きたのを渡りに舟とばかり放り出した」ようにしか見えない。

可哀相なのはさ、こんな「大御所の道楽」に振り回されて、仕事辞めてバイトしながら野球やってた人たちだよね。もちろんそういう人たちになんの非もないとは思わない(所詮「大御所芸人の道楽」に過ぎないのに「職業としての野球に近付くステップ」だと勘違いした、とかね)けど、でもまさかここまで簡単に放り出してくれるとは思わなかっただろうな。

まあ、これからはもっと地道にがんばってね>選手のみなさん。
[PR]
by quix-que | 2006-07-20 12:37 | スポーツ話

安っぽい。

3歳牝馬ナンバーワンは? 21日に競馬のオークス | Excite エキサイト : ニュース
あ、そうね、今って春のG1シーズンなのね。最近競馬全然やらないから忘れてたわ。

というか。G1の数が多すぎるんじゃないのかな。元々グレード制になる前は8大競走とか呼んでたわけだけど、同じG1の中でも格上とか格下とかあると思う。ダービーと天皇賞(春)とジャパンカップが一番格上で、天皇賞(秋)と有馬記念と皐月賞と菊花賞とオークスがその次で、桜花賞とか宝塚記念とかがそのまた次で、安田記念とかスプリンターズステークスとかがさらにその後ろ⋯⋯みたいな(今思いつきで書いたけどだいたいこんな感じだよね)。
で、近年増えたG1、まあフェブラリーSはダート初のG1だからいいとして、マイルカップだの高松宮記念だのはNHK杯と高松宮杯でG2でよかったと思うし、その他の私が名前も知らないようなG1(昨日やったのとか)は、なんというか粗製濫造感が非常に強く漂っていて、それらを勝ったところでG1馬とか名乗ってもらいたくないなあ、と思う。
[PR]
by quix-que | 2006-05-15 17:04 | スポーツ話

草の根スポーツ振興

五輪=カーリング、日本女子は4強入りならず | Excite エキサイト : ニュース
ホント、お疲れさまでした>カーリング日本女子。メダルがどうの不振がどうの、という話題とは全然関係ないところで、彼女たちの活躍がどれほど楽しみだったか。

で。マイナースポーツはこういう時にこそ一気に競技人口を増やすチャンスなのだけど、カーリングって、むずかしいよね。私がカーリングを初めて知ったのは20年かもうちょっと前だけど、ストーン1セット100万以上、とかいうのを見て、「こりゃ別の世界のものだわ」と思ったのでした。
興味をもった時にとりあえず試しにやってみることができるといいんだけど、常設リンクは、常呂町が町おこしとして作ったやつと長野オリンピック関連で軽井沢にあるやつくらいでしょ?もっと広がらないかなあ。
他の国の選手をみても40代のおばさんもゴロゴロいるし、筋力よりも技術とか作戦のたてかた(≒経験値)がものをいうスポーツだから、それこそお年寄りにもできると思うし。

どこかの企業、お金出しませんか?
[PR]
by quix-que | 2006-02-22 11:23 | スポーツ話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索