アメリカ大統領選挙とイラク人質問題とあれやこれや。

 「ボーリング フォー コロンバイン」をテレビ東京で見たんだけど、あれは結構面白いというか、アメリカという国家がなんでああいう風になっちゃったのか、についてひとつの回答になっていると思う(まあ検証のしようがないから永遠に仮説のひとつであるにとどまるのだろうが)
特にあのちょっとおちゃらけた感じのアニメ部分。華氏911は見たいとそれほど思わないのだけど、ボーリング フォー コロンバインはもっと多くの人に見てもらいたいと思った。

 で。大統領戦も大詰めというかあと2日?1日?時差があるのでよくわかりませんが、とにかくもう何日か後には結果がわかるわけで(前回みたいにいつまでもモメ続けるのも、自分の国のことじゃないから面白おかしく見ていられますが)。日本人というか、マスコミに登場する評論家だとか政治家だとかは、「ブッシュ継投の方が望ましい」って声が多いですよね。
 まあ政治家(といっても与党限定かも)はともかくとして、評論家のみなさん、日ごろあれほどブッシュのことをボロカスに言っていたのに、こういうときにはブッシュ支持っていうのはなぜなんだろう。
 伝統的に民主党政権は日米関係に冷淡である(対東アジア政策では中国重視になる)ということが大きいんだろうけど、でもじゃあ共和党政権はそんなに日本によくしてくれてますか?ブッシュの愚かさのツケをまわされてもいいのかなぁ。

 で、イラク人質問題。イラク復興支援会議(?)によれば、復興支援に使われているお金やら資源(人的なものも含む)の8割は間接経費、具体的には復興支援活動をする人たちの交通費や物資の輸送費、警備や通信などに使われていて、実際の復興支援には2割程度しか使われていないんだとか。そういえば自衛隊派遣が決まったときにも、隊員の食費が一人1日あたり3万だかなんだかかかるとかいうことで話題になってたっけ。
 人質問題さえ起きなかったら、そろそろ当初予定していた期限も来ることだし、派遣の条件であった「非戦闘地域」云々の条件も全然充たされなくなってるわけだから、撤退、というと言葉は悪いが「予定通り終了」って選択肢は本気で検討されてもよかったと思う。(多分小泉はなんだかんだ理由つけて結局は期限延長しただろうと思うが)
 でも、人質事件がおきてしまったら、これはもうナニがなんでも意地でも撤退しないだろうな。撤退の可能性があるとしたら、唯一、サマワの自衛隊に人的被害が出たときだけだろう。
(それも多分1人とか2人とかでなく2ケタ)そんなことは絶対にあってほしくないことだけど。

 
[PR]
by quix-que | 2004-11-01 13:05 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索