なんつーかあれこれイヤンな感じ。

王ジャパンにイチローら 来年3月の野球WBC | Excite エキサイト : ニュース
 で、世間はほとんどサッカーの方のW杯一色になってしまってWBCなんかどうでもいいような雰囲気ですが。
 前にも書いたけど、そもそもなんで3月にやるのかを考えたら、松井が躊躇する気持ちもわからないでもない。というか私はイチローがよく参加する気になったな、と。
 言い出しっぺである大リーグ機構(正式な名称は忘れた)は、どうせプレシーズンのエキシビジョンくらいにしか思って無いわけで。あんまり盛り上がらなかったらさっさと手をひく、上手くいったら手柄ひとりじめ、そのためにメジャーリーグの日程に影響のない時期に選手の調整代わりに試合させようみたいな魂胆ミエミエだもん(投手の投球回数制限なんて、あからさまに大会後の公式戦への影響を考えてのことでしょ)。
 あれを「これで真の野球世界一が決定する!!」なんて能天気なこと考えてるのは日本人(の一部)だけでしょ。どーせワールドシリーズで勝ったチームが「ワールドチャンピオン」であるという事実は揺らがないし。そもそもWorld Baseball ClassicのClassicって何? World Championshipじゃないってことでしょ?
 それでも、メジャーリーガーの皆さんはちゃんと参加表明してるからそこらへんはエラい(文化としてチャリティやボランティアが染み付いているってこと?)と思うけどね。

 で、だ。代表メンバー見て、目がテン(←死語)です。
 阪神が藤川だけなのはまあいい。小久保も今岡もいない、っていうのも岩村が出るんなら「ああ、なるほど」と言えなくもない。でもさ、何あのロッテ投手5人って。私は王貞治人格者説にはかねてから疑問があったのだが、どう考えてもペナントレース開幕前にロッテ投手陣を疲れさせておこう、っていう魂胆にしか見えない(そういう面から言えば矢野が選ばれなくて阪神としては良かったとも言える)。
 ホントに世界一を目指す代表チームを送りだす、っていうんならばさ、そういう、特定チームと利害関係のある人を監督にするとか、チームの人選を任せるっていうのはどうなのよ、って思う。どうせWBCなんてプレシーズンマッチで、ペナントレースの方が本番なんだから。
 そんなことする位ならば、この前のアジア選手権みたいに、日本一チームをそのまま出した方が公平でしょ。それならば、選手も「日本一になった責任」としてハードスケジュールも納得できるし、国籍の問題がある選手の穴埋めとして何人か補強選手を入れるということでもいいんじゃないかと。
 そうでなくて、あくまでも世界一を目指す日本代表というのならば、在野で実績のある人を監督にするべきだと思う(長嶋ジャパンだって読売のヒモ付きなので個人的にはあまりよろしくないと思っていた)。古葉さんとか上田さんとか、人材はいないわけじゃないと思うし。
 まあ今さら言っても仕方ないわけで、ついでに言えば興行的にコケて第1回が最初で最後になる可能性だってないわけじゃないので、愚痴にしかなりませんが。
[PR]
by quix-que | 2005-12-11 09:08 | スポーツ話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索