小泉シスターズについて、思うこと。

第3次小泉改造内閣が発足 後継候補を要所配置 | Excite エキサイト : ニュース
まあ選挙運動期間中から、ちゃんちゃら可笑しいなあ、と思っていたのですよ、あの刺客とかくノ一とか言われてた人たち。
片山さつきサンも佐藤ゆかりサンも、「ここにお嫁に来たつもり」「みなさんで私をこきつかって下さい」とか言ってた。あのさ、その言い方って、まるっきり旧来自民党というか田中角栄的地元利益誘導型とどこが違うのん?
しかも、野田聖子(彼女には少子化問題や夫婦別姓など、期待してるものもあっただけに甚だ裏切られた感じだ)の離党勧告処分→離党届提出、の流れの中で、佐藤ゆかりサンの「これで私が名実ともに岐阜一区の唯一の自民党衆議院議員になったわけだから、選挙区をがっちり固めるために」云々って、まんま「当選することだけ(=員数合わせとしてだけ)が目的の議員」だって自ら認めちゃったようなもんじゃん。
片山さつきサンの「コイツ」発言はなかなかに「何様?」感が強くて早くもバケの皮が剥がれてきて面白い(まあ前原クンとしては面白くないだろうが、私は前原も評価してないんでどうでもいい)と思ったし、それで叩かれたので懲りたのか他にもいろいろ傲岸不遜とか言われてちょっとは反省してるのか、政務官就任でひな壇に立ってるときの口角を無理矢理上げたわざとらしい笑顔がとっても痛々しい(笑、とかありますねえ。
さらに言えば、猪口サン。あのドレスもさることながら、記者会見での意味もなく外来語というか英語を混ぜる話し方といい、今日のテレ朝でのひたすら上滑りしまくりな早口の言葉といい、自分に自信がというか中身がないのに自分自身が気が付いてないとああいう喋りになるんだろうなあ、と見ていて可笑しくて仕方が無かった。

というか、すでに料理評論家のナントカさんなんて全く話題にも昇らなくなってるし、猪口さんは大臣だからともかくとして、佐藤サンも片山サンも、次の選挙の前までにはすっかり忘れ去られてると思う、かなりの確率で。
[PR]
by quix-que | 2005-11-06 15:03 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 11月
2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索