国営=国民共有の財産だということを忘れるな。+原因と手法の摺り替えは

ニュース特集 : 郵政民営化
で、郵政民営化について述べるのは、郵政だけに選挙の争点をしぼる与党のヤリクチに乗せられる形になるのであんまり言いたくないのだが、ついでに投稿してみる。
反対です。
まず第一に、国営ってことは、国民共通の財産であるということ。黒字を出している事業が国民共有の資産であるということがなぜよくないことなのか。それをわざわざ私企業にするということは、利益を一部の人のものにしてしまうということ。それが本当にそんなにいいことなのか。
ふたつめ。財政投融資が無駄な公共事業の資金源になっていることが問題だというのならば、使い方を改めればよい。財政投融資の使い方を決めてるのは別に郵便局じゃなくて、財務省というか旧大蔵省というか、要するに政府でしょ?政府が自分のところでヘマをしたツケを、国民の共有資産であるものを一部の人間のものにするという形で解決しようというのがそもそもまるっきりスジが通って無い話だし、それでツケが解消されるという根拠もどこにもないわけで。原因と手法を摺り替えたらいけないよ。
みっつめ。いくつか下にも書いたけど、日本型社会における市民生活には、公的サービスとして欠かせないものがあるはずで、「民間でできるものは民間で」というコイズミの主張は、民間と公的事業とでは本質的に違うということを無視して、やれる/やれないの二分法でミスリードを誘っているとしか思えない。
[PR]
by quix-que | 2005-09-11 16:23 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 11月
2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索