黙ってた方が得ってのだけは納得できない。

若貴兄弟ゲンカ 嵐の前の静けさ | Excite エキサイト : ニュース
 今日の昼ごろ、透析のベッドの上で例によってテレビを見ていたのだけど、その時にどうしてもどうしても気になる、というか納得がいかないことがあったので、休み休みしか書かないこのブログに書いてみることにする。
 見ていた番組はTBSの、山田五郎とか恵とかが出てるやつ。内容は若貴ネタ。具体的には、街頭及びインターネットでのアンケート。若貴どちらを支持するかという質問に対して、東京大阪インターネット全て、およそ7割が兄花田勝支持、という結果だった。これはまあ、兄の相続放棄が報道された直後だからそんなもんだろうという感じではある。
 でもって、私が納得がいかなかったのは、兄支持、または弟不支持の理由。兄支持の理由の多くは「何もしゃべらなかったこと」であり、弟不支持の理由は「テレビでしゃべりすぎること」だそうだ。
 なんだかなあ。そりゃ確かに、貴乃花親方のコメントには首を傾げたくなるようなものもあった。でもさ。そうやって「黙っていることがそれ自体で美徳」「主張をすることはそれ自体が非難に値する」みたいな考え方ってどうなの?
 この国ではいまだに、主張すべきことを主張し、誤解を解くべく説明責任を果たそうとすると、それだけで「言い訳がましい」とか非難される風潮がある。沈黙は金、男は黙って⋯⋯。黙っていた方が得策であり、言いたいことがあっても敢て口を閉ざすという態度でいれば周囲も味方をしてくれる。なんか花田勝氏の態度からは、そういう風潮をうまく利用しているような感じがしてならないのだ。
ちなみに、「雄弁は銀、沈黙は金」ということわざができた当時、社会は銀本位制で、金には装飾品としての価値しかなかった、というような話もあったりするんだが、ソースがはっきりしないのでここでは深入りしない。
 つかさ、こういう風に「弁解をしない潔さ」みたいな美徳が持ち上げられてることが、中国や韓国に言いたい放題言われていわれっぱなしになってる現状と繋がってるような気がするのよ、私は。

 主張すべきことを互いに主張し合って、その主張の内容からどちらかを支持する/しないというのならばいいんだけど、片方は主張をしたからという理由で批判され、もう片方は何も言わないという理由で支持される、そんなおかしなことってあっていいことじゃないと思う。
 なので、主張の内容はともかくとして、「テレビの仕事をしているんだから、テレビに出てきてしゃべれ」という貴乃花親方の発言は、私は支持します。
[PR]
by quix-que | 2005-07-07 18:54 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索