反日デモに思うこと—とりあえず現時点での総括

 2ちゃんねるハングル板某スレで「ここでは絶滅危惧種のリベラル」と自称したら、「あなたリベラルじゃないですよ」と断言されてしまったphoqueであります。まあ「国歌歌うくらいは挨拶みたいなもんだから歌うと決められた時に歌わないのは礼儀知らず」「日の丸はデザインがシンプル&シンボルとして何を現わしてるのか明快で好き」と言ってみたり、「大和には群山あれど とりよろふ天の香具山…」を暗唱できると言ったりもしたので仕方がないのでしょうか。子供のころから赤旗読んでて民青で班長してたこともあって二十歳直後ころは選挙のたびに共産党から入党のお願いがきていたヒトなんですけどね、アタシ。人によってはこれを転向とか呼ぶのかもしれませんが、そんなことはとりあえず今はどうでもいいことで。

デモ不参加呼び掛け 中国共産党、緊急開催 | Excite エキサイト : ニュース
デモ規制の報告会を報道 中国各紙、政府の意向反映 | Excite エキサイト : ニュース
大局的に中韓関係打開=首相、岡田氏と党首討論 | Excite エキサイト : ニュース
 これ2ちゃんねる(ハン板じゃないけど)で書いたことなんですが、
中国側の言い分としては、
「日本は第二次世界大戦で中国にひどいことをしたのに、
 賠償も謝罪もしていない上、未だにその時のことを正当化するような発言を
 政治家がくり返している。さらに、国連の常任理事国になりたいなどと、
 まるで戦争のことを反省していないのは明白だ」
ということ。
ちなみに現実としては、
・謝罪はしている(戦後50年の村山首相発言など)
・賠償については日中国交正常化の時に中国側が放棄を宣言している。
 さらにいえば中国には凄まじい金額※のODAを行っている。
・そもそも第二次大戦後の日本はただの1度も国際的に武力紛争を起こしていない。
 そのことこそが、戦争を反省していることのなによりの証拠。
・それらのことが中国人民に知られていないのは、中国政府がl故意に隠した上、
 まるで日本が現在も戦前戦中と同じ社会であるかのようにわい曲した教育を
 行っているから。
といったようなところです。
※について、最近10年だけで1兆円以上、しかもそのうちの1000億以上は無償(返還義務なし)だそうです。

 更に言えば、中国の歴史教科書には、元冦もなければ中越戦争もない、らしいです。歴史上ただの1度も他国を侵略したことのない国だ、と言っているのですが、現実は元冦(まああれはモンゴルだと言われればそうかもしれないが)もあればベトナム侵攻もありチベット弾圧もあり、と、周辺国と摩擦を起こしまくりーの侵略しまくりーの、ではないかと。
 おまけに、です。ベトナム侵攻について、のちにベトナムと国交回復した時に謝罪を求められての答えは、「過去のことばかりに捕われていては未来における健全な関係の妨げになる」と謝罪を拒否してるわけですよ、中国政府は。
 あと、日露戦争についても全然言及がないらしい。まあ日露戦争における日本勝利が完全にフェアなものであったかどうかはさておき(でも戦争における完全フェアってなんだ?)、もし日露戦争というものが存在したことを認めてしまうと、日本国による満州の実効支配が国際法上正当なものであることを認めざるを得なくなるわけで、それは中国にとって非常に都合が悪い、と。
 そんなだからワシントンポストに「歴史をねつ造してるのは中国の方だ」みたいに書かれてしまうわけです(『中国の、都合のいい記憶』みたいなタイトルの記事)。
 自分達はそこまでやっておいて、それで「日本の歴史認識が……」とか言われてもなんだかなあ、ですよ。
--追記。こんなの発見。外交部:今の日本人に侵略の罪は背負わせず 2005/04/20(水) 09:58:58言ってることとやってることが違い過ぎないでしょうかね。

靖国参拝は不戦の誓いと戦没者への哀悼の念=小泉首相 | Excite エキサイト : ニュース
 まあ確かに小泉の靖国参拝が誉められたことだとは思いませんが、でも、あれって日本人のほとんどにとって「目立ちたがりの首相のちょっと軽率な個人的パフォーマンス」(政治的信念でやってないのは、終戦の日ではなく違う日に行ってみたり『初詣』とか言ってみたりという一貫性のなさからも明白だし)程度のシロモノであって、国民の総意とか国としての対外的姿勢とはあんまり関係のない話なわけで、そこから「日本は戦争を反省していない」に結び付ける方が無理矢理でしょ(気分的に面白くないというのは理解できますが)。とはいえ、小泉には、相手に突っ込まれやすい隙をわざわざ作らなくてもいいじゃん、くらいは言いたい気はしますが。
中国、反日デモ規制に本腰 沈静化、首脳会談が焦点に | Excite エキサイト : ニュース
 でもって。この「国内向けにはやけに軽率なパフォーマンスが目立つ」この国の首相は、外向きには「語るべき思想を何も持たない故に何一つ相手と駆け引きができない」という情けない首相であったりするわけですよ。どっちにも共通するのは、中身がないってこと。この首相が中国と首脳会談なんて、空恐ろしいことです。せいぜいが平壌宣言並か、場合によってはそれ以下の、名をとれたかどうか微妙な上に実は全部取られちゃうようなしょうもない言い包められ方をして、国際的には失笑を買いつつ本人だけが得意げに「小泉政権でなければできなかった」とか胸はって帰ってくるっていう目も当てられない結果しか招かないのは目に見えてるわけで。
 とはいえ、これ↓はどうよ。
中国は、国として謝罪し賠償すべき=反日デモで自民幹事長代理 | Excite エキサイト : ニュース言ってることは原則論というか理想論では間違ってないし、心の中で「よく言った」と快哉を叫ぶ人や溜飲を下げる人もいるのだろうけれど、でもねえ。なんか法治原理主義というか理想論すぎて、まるで学級委員の作文みたいだ。まあ小泉の次の再有力候補としていいとこ見せたいのだろうけど、言うだけなら簡単なんだよ言うだけなら、と(外務官僚をかばうわけではないが)言ってやりたくなるようなしらじらしい“正論”ではあるまいか、これは。実効の伴わないこういう発言がもてはやされて「よくぞ言った」とか言ってる人が多数を占めてるようじゃ、この国はあの熱狂的だったけど結局は何も産まなかった小泉フィーバーをくり返すだけだと思うぞ。どう思うそこんとこ>「よく言った」とか言ってる人。

 閑話休題。でもね、この件で一番恐いのは、そうまでして現在の日本を「侵略戦争をこれっぽっちも反省していない反平和的国家だ」と決めつけて『仮想敵国』にしないと国内的に安定しない、という中国の現実と、さらにそれを初等教育から徹底的に叩き込むことで10億以上の人間にとっての「証明するまでもない真実」にし得てしまっていること、なんですね。
 1億人の考える「真実」と10億人の考える「真実」とが摺り合わせ不能なくらいに食い違っていた場合に、果たして1億人の考える真実にどれだけの人が本気で耳を傾けてくれるのか、そのことを考えるとちょっと厳しいものがあります。今はまだ、真相がどうなのかを知って客観的に判断する第三者(欧米とか)があるからいいけど、この先今の状態が続いたらいつ「10億人にとっての真実」が「1億以外総てにとっての真実」になってしまうかわからないし。

 それにしても、あのデモの光景を見て、あんなに民度の低い国が常任理事国であることに頭を抱えた国が大部分であって欲しい、とか考えてしまった自分がちょっと悲しいです。

---4/22 ちょっといいわけがましい追記など
 ええとちなみに、私個人は小泉の靖国参拝には賛成してません。上の方にも、突っ込まれるような隙は作るなと書いてますけど。なんかね、見通しが結構独りよがりじゃないですかこの人。他人の思惑とか全然想像できないというか。マジで、自分の行動が誰かを怒らせるなどということにまるで意識が及ばないタイプなんじゃないかと(ある種の自閉症に見られるような)。少なくとも、政治家として国益のことを考えるのであれば、参拝なんてやる必要のないこと(やらなかった首相がそのことで責任を問われたことなんかないでしょ?)なんだからやらずにいればいいんですよ。どうせどこかの誰か向けのパフォーマンスなんだから(再度書きますが、政治的信念でやってるわけじゃないことは明白)。首相という立場でなければどこかの誰か向けのパフォーマンスも結構だけど。
 いやまさか一国の首相ともあろうものがそんなに馬鹿な筈がない、他国との摩擦がおきようとも敢て自らの政治的信念のために靖国参拝は続けるべきだ、と思う人もいるかもしれないけど、甘い。それはMade in Thailandの缶入りレモンティーくらい甘いぞ。
 
[PR]
by quix-que | 2005-04-20 13:54 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索