介護保険は制度としては『失敗』だと思う。早く根本から改めないと

<介護保険>指定取り消し180件 後絶たぬ悪質業者 | Excite エキサイト : ニュース
 たとえば介護用の電動で上げ下げするベッド。
 かつて自治体から貸与や支給されていた時と、現在の介護保険制度でレンタルされているものとでは、値段が数倍違うらしい。自治体の福祉サービスとしてやっていた時には入札制度があったために、業者は入札できるところまで価格を値引きしていたために結果として「安い価格」だったのだが、現在の「利用者と民間の介護サービス会社とが直接契約する」方式になったためにそういう値引きをしなくてもよくなった業者は、心おきなく価格設定を上げる。利用者の側も、当面の自己負担はたったの1割であるから、この高くなった価格に異義を唱えるわけでもない。結果として価格は高値安定となる。冒頭の記事のような不正請求も、おそらくは氷山の一角にすぎないのだろう。
 その結果として、当初の予想よりはるかに多額のお金が介護保険財政から出ていくことになり、早くも保険料率の引き上げや給付水準の低下などを考えなければならなくなっている。
 政府は、財政的に困れば利用者の負担率を上げる等の制度改革で乗り切ろうとするだろう。
 結局、ツケはつねに末端の利用者にまわってくるのだ。
 
 これってどう考えても制度自体が「失敗」だと思う。小さな政府を目指し民間を活用する、というのもお題目としては「結構」なんだけれど、こういう現実を見せられてしまうとやっぱり『公』のサービスというか「公共事業としての福祉サービス」が必要なのではないだろうか。
 舛添要一氏はかつて、「介護は保険制度にはなじまない。税によるサービスとすべき」と言っていた(筈)。私もそれには賛成。
[PR]
by quix-que | 2005-01-30 13:37 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索