危機管理意識とマスコミの論調。

脱北者8人が北京の日本人学校に駆け込み | Excite エキサイト : ニュース
 このテのニュースではいつも思うんだけど、日本人学校のセキュリティって大丈夫なの?この学校にかけこみがあるのは4度めでしょ?
 いつぞやの駆け込みでも思ったのだけど、でかいペンチもって金網をブチブチ切って、つまりフェンスを破壊して侵入してるんだよね、この人たち。ちょうど同じころにロシアではテロリストが学校を占拠して数百人も死者が出てるっていうのに、学校のセキュリティに対する認識が甘過ぎやしませんか。
 学校みたいな、「守られなければならない人がたくさんいる場所」をあえて狙ってつけ込んでくること、それ自体の是非についてはどうなのさ、と思う。脱北者が日本人学校を駆け込み目標にしてるのは、間違いなくあそこなら簡単に侵入できると考えてるからでしょ。そう認識してるのが「迫害されて保護を求める人」だけってことはあり得ないわけで。自分の子供をこの学校に通わせている親は気が気じゃないと思うよ。
 実際に、韓国では日本人学校に侵入した男に子供がナタで重傷を負わされるみたいな事件があった筈。

 なんかさ、「脱北人」=「北朝鮮の圧政に耐えかねて出てきた可哀相なひと」みたいな論調で取り上げるマスコミばっかりで、それはある意味では間違いではないんだろうが、自国民の安全が脅かされているのに「逃げ込んできた人は手厚く保護しないと」っていうのは違うだろう、とおもう。
 実際、脱北者の中には、北朝鮮における統制経済になれていて、自由経済社会においては自ら働いて糧を得る以外に生活手段はないという基本的なことがわかってない人が少なく無いらしいし。例のハンミちゃんのお父さんも、韓国で引っ越し屋さんに就職したものの、「こんなに仕事がキツいとは思わなかった」とか不満たらたらで仕事をすぐに辞めてしまったとかいう話もあるし。
 もっとスゴい話としては、つい先だっての拉致被害者松本さん斉藤さんの写真誤認事件で、問題の写真に映っていた当人とされている韓国在住の脱北者がTBSと拉致被害者の会に対して「謝罪と賠償を求める」って話さえある。
なんでも彼等の家族はまだ北に残っていて、家族は彼等を「死んだことにしてある」のに、写真が公開されたことで「生きていることが北朝鮮政府にばれ、家族に危害が及ぶ可能性がある。写真を公開したTBS と拉致被害者の会のせいだ」ってことらしい。⋯⋯ちょっと待てや。あの写真を「拉致された日本人の写真だ」といってTBSの関係者に持ち込んで金まで受け取ったのはあんたたちの身内(義理の弟だっけ)だろうがっ。
中国政府のやり方(脱北者は密入国であって亡命ではないのでなにがなんでも強制送還)が必ずしも正しいとは思わないけど、ね。
[PR]
by quix-que | 2005-01-24 13:20 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索