あえてあまのじゃくなことを考えてみる冬の夕暮れ

骨はめぐみさんと別人=DNA鑑定で判明=差替 | Excite エキサイト : ニュース
「心底ほっとした」 横田夫妻が心境 | Excite エキサイト : ニュース
 まず、遺骨が別人であるということはほぼ間違いなくめぐみさん生存と同じ意味になるので(仮にめぐみさん死亡が本当だとして、わざわざ本物ではない偽物の遺骨を『証拠』にする意味がない)、それは非常に喜ばしいことであると思います。一刻も早くご両親のもとへ無事な姿で戻られることを心からおいのりいたします。
 はさておき。
 警察庁科学警察研究所(東京歯科大橋本助教授)ではDNA判定ができなかった、一方で帝京大学の法医学研究室では「別人のもの」という鑑定結果が出た、というこの事実に、なんとなくひっかかりを感じてしまうのですよ。
 帝京大医学部ってそんなに信用できるの?
 どうも帝京大医学部というと薬害エイズ事件の阿部英が副学長だったっていうイメージが強くて、そういうマイナスイメージが私にあるせいかもしれないけど、功を焦ったとか、評価バイアスのワナにはまったとかそういうことはないでしょうね、どうも心配。(しかもまだ正式の文書による鑑定書が出ているわけではないらしい)日本の法医学研究は世界最高水準だ、というけれど、国の期間である警察庁の研究所よりもより高レベルのことを、東大医学部や東京医科歯科大ならともかく帝京大?
あと、いくつかのテレビ番組では「警察庁の鑑定ではデオキシリボ核酸が用いられたのに対し、帝京大の鑑定ではより精度の高いミトコンドリアによる鑑定を」って言ってたけど⋯⋯その程度の科学知識で大丈夫なのか?>テレビ局。「デオキシリボ核酸=DNA」だし、「ミトコンドリアは核とは別個の独自の(母系からのみ由来する)DNAを持つ」っていうのは高校の生物でも習うようなことだろうに。
しかもそれとは別の番組で、コメンテーターの法医学の専門家が「鑑定には横田夫妻の子であるかどうかの『上からの鑑定』とヘギョンさんの親であるかの『上への鑑定』の両方を行ったと思います」って。あの、めぐみさん本人のへその緒とか髪の毛とか、親子鑑定でなくても当人のDNAで鑑定できるわけですが。コメントするのにそのくらいのことも下調べしてないの?専門家なのに。

 骨を二つにわけてそれぞれを鑑定し、片方はDNA鑑定不能、もう片方は複数人の骨(ただしめぐみさんの骨は含まれず)だと、最悪「確かに骨は他のひとのものが混ざってしまったかもしれないが、めぐみさんの遺骨は鑑定できなかった側に含まれていのだ」という言い訳をする余地を北朝鮮側に与えてしまうことになるんだけど。
 ホント、突っ込まれる可能性のある箇所は極力埋めていかないと相手は一筋縄ではいかないんだから。
 
 この件について、「北朝鮮はどこまで日本をバカにするつもりなのか」「こんな見え透いたことが通用すると思っていたのか」という声が大きいわけだけど、前に書いたように、かの国では政府だの総書記だのが絶対であって「疑いをさしはさむこと」があり得ず、自分たちがそうであるから他人もそうだと思い込んでいる、つまり「北朝鮮政府の公式見解」=「金正日の意向」であればそれが無条件で正しいものと受け入れられて当然であると考えている可能性が高い、と私は思ってます。ある意味これは「意図的に騙そうとやっている」ことよりもっとタチが悪いかもしれない。なにしろ彼等にしてみれば『誠心誠意』『事実』を伝えているだけなのだから。ただ『事実』という言葉の意味が違うだけであって。

 しかしこの件について私が一番すごいな(誉めているのではなく呆れている)と思っているのは、決して経済制裁を発動するとは言わない(ただし「しない」と明言するわけでもない)、北朝鮮の対応について非難を一切しない小泉という人の言葉だ。いやホント、どっち向いてモノ言ってるんだろうこの人は。でもって、いつまでこんな使えない宰相をトップに据えておかなければならないのだろう、この国は。
[PR]
by quix-que | 2004-12-09 15:36 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索