あの程度の人間でもトップになれるというこの国の現実について

 小泉純一郎という人は人工知能というか人工無能のような気がする。
 なにしろ人としての情感というものが決定的に欠けている。
 で、そういう人であっても普通はなんらかのとりえがあるもので、たとえばそれはカミソリの切れ味の頭脳であるとか、生き字引的な膨大な知識であるとか、あるいは揺るぎない信念であるとか。
 この人の場合にあるのはナンだろう、と思うと、「その場しのぎの詭弁」くらいしか思い付かない。
 国会の党首討論を見ててはがゆいのは、岡田くんも人がいいのか、それほど頭がキレないのか(おそらく後者)その場で詭弁を突き崩していけばいいものを、相手のペースに乗せられて果てしなく言葉尻の掴み合いになるか、さもなくば呆れて議論を諦めて他の話題へと移るかになってしまう。
 その結果どうなるかというと、2ちゃんねるで声の大きいネオネオコンみたいな人たちからは、「岡田はバカ」「民主党ってやっぱりダメ」って話になる。そもそも議論が噛み合わない責任は同じかそれ以上に小泉にあるのに、責め手である岡田が一方的にだらしない、という風に見えてしまうものらしい。(私には正直よくわからないのだが)
 私は今までただの一瞬たりと小泉政権を支持していたことがなく、政権についた当時は「どうせすぐにメッキがはがれて、『これならまだ森の方がマシだった』と思うようになる」と思っていたのだが、予想は大幅にはずれて戦後何番目とかいう長期政権になっている。支持率は下がったとはいうものの時々持ち直して未だ4割を超えている。支持している人のほとんどが、政策を肯定的に評価しているわけではなく、「他に適任者がいない」という理由らしいが。
 しかし、他にいないからといってワーストに近い人材を支持するわけ?

 アメリカの大統領になるには、顔がいいか家柄がいいか金持ちかであることの方が政治能力よりも重要である、と言われているわけだけれど、それでも一応、世間を2分する程度には対立候補が出て、政権交代の可能性がある。日本はどうだろ。あの程度の人間でさえも「ベターな選択」の結果としてというか他の選択肢は問題外とばかりに政権の座に居座りつづけることができるというのは、この国って本当にどうなってるんだろう、と思う。
 能力のある人は政治を志さないのか?
 能力のある人間を評価する能力が有権者にないのか?
そんなことはない、と思いたいけどなんか虚しいなあ。








「瞬間タッチ断言」すらできていないでしょ。
[PR]
by quix-que | 2004-11-20 16:02 | どっちかというと外の話


鶴は千年 亀は万年 シーラカンスは2億年 (c)phoque 1994-2017


by quix-que

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

その他のジャンル

カテゴリ

どっちかというと外の話
もの申したいこと
スポーツ話
雑BOX
生活ねた
ネタ
ねこ話
食べるもの/ことの話
テレビっ子
モラタメ

以前の記事

2017年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索